Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引先物コピートレード自動売買Bitget Earn
取引の基本初心者ガイド先物取引
Bitget初心者ガイド - 先物取引の注文の種類入門

Bitget初心者ガイド - 先物取引の注文の種類入門

新規ユーザー
2024-05-13 | 10m

概要

● 注文の種類によって、取引目標に応じた注文を作成でき、注文の約定方法と約定価格を指定できます。

● 先物取引の注文の種類とそれぞれの使用方法を理解すると、Bitgetでの取引パフォーマンスをさらにレベルアップさせられます。

注文とは?

簡単に言えば、注文とは、市場またはBitgetで資産を売買するための指示です。注文は、ユーザーが資産を売買することで発生します。注文の種類について説明する前に、取引におけるメイカーとテイカーの概念について説明します。

暗号資産市場は、メイカーとテイカーの注文で構成されています。メイカー注文はすぐには執行されず、オーダーブックに登録されます。メイカーとテイカーにはそれぞれ異なる役割があり、どちらも取引を成立させて市場を動かすために不可欠な存在です。

例えば、価格が60,000ドルになったら1 BTCを売るという指値注文を出したとします。この注文は市場に流動性を作り(make)、条件が満たされたときに他のトレーダーが即座にBTCを売買しやすくなります。この即座に売買するトレーダーをテイカーと呼びます。つまり、メイカーが作成した注文に応じる側がテイカーとなります。

取引所は通常、メイカーが流動性を作ることを後押しするため、メイカー手数料を少なくしています。Bitgetでは、一般ユーザーの先物メイカー手数料は0.02%で、先物テイカー手数料は0.06%となっています。詳しくはこちら:手数料

注文の種類

現物取引と先物取引の両方で一般的な注文の種類には、成行注文、指値注文、トリガー注文があります。それぞれの注文の種類については、Bitget 初心者ガイド - 先物取引の主な用語 で解説しています。

1. 成行注文

Bitget初心者ガイド - 先物取引の注文の種類入門 image 0

Bitget 先物取引 で最もシンプルな注文は成行注文です。成行注文は、現在の市場価格で即時に執行される注文です。暗号資産市場のように変動の激しい市場では、注文は利用可能な最良価格とマッチングされます。そのため、執行時の価格と異なる価格で約定する場合があるので注意が必要です。注文の全部または一部が約定しなかった場合、システムが最も約定される可能性の高い最新価格で注文を出し続けます。

2. 指値注文

指値注文は、成行注文とは少し異なります。指値注文もできるだけ早く執行するように設定されていますが、指値注文は指定した価格以上になった場合にのみ約定します。指値注文は、ユーザーが決めた特定の指値価格でオーダーブックに発注され、市場価格が指値価格以上に達した場合にのみ執行されます。つまり、現在の市場価格よりも安い価格で買ったり、高い価格で売ったりしたい場合は、指値注文が役に立ちます。現在の市場価格で即座に約定する成行注文とは違い、指値注文はオーダーブックに発注され、一定の価格に達したときに初めてトリガーされます。

例えば、BTCUSDT 無期限先物 を購入する場合で、現在の価格が66,000 USDTとします。取引に使用するUSDTの数量を入力した後、成行注文を出すと最良価格で即座に執行されます。

もっと良い価格でBTCUSDT無期限先物を購入したいときは、指値注文を選択し、希望の取引価格(例:66,000 USDT)を入力します。 この注文はオーダーブックに登録され、66,000 USDTに最も近い価格で執行されます。

3. トリガー注文

トリガー注文は、市場価格がトリガー価格に達したときに、あらかじめ設定した数量と価格で発注します。注文がトリガーされるまで資金はロックされません。この注文は、事前に設定した価格やレバレッジを条件とするため、約定しない場合もあります。

例えば、市場価格がトリガー条件(例:66,000 USDT)に達した場合、成行注文が出されてすぐに約定、または指値注文が出されて設定した価格に達すると約定します。

一般的に、この3つの注文は初心者に適していますが、他にも知っておくと良い 先物取引の概念 があります。マージンの種類(USDT / その他の通貨)、マージンモード(クロス、分離)、レバレッジレベル、方向(ロング、ショート)などです。さらに、多くの初心者が先物商品の特徴を知らずにレバレッジやマージンを見落としがちなので、テイクプロフィット注文とストップロス注文を設定しておくことが重要です。

4. テイクプロフィット / ストップロス注文

テイクプロフィット(TP注文は利益が出るとポジションを決済し、ストップロス(SL注文は現在のポジションの損失を制限します。どちらもTP/SL機能で簡単に発注できます。

BitgetのTP/SL機能では、事前にTP/SL価格を設定できます。市場価格が指定した価格に達すると、注文が利用可能な最良価格で発注されます。TP/SL価格と数量を入力するだけで注文が完了します。

TP/SL注文は、ポジション保有中に、市場を継続的に監視できない場合などに活用できます。他にも、ユーザーのニーズに応じて様々な場面で活用できます。

Bitget初心者ガイド - 先物取引の注文の種類入門 image 1

例えば、BTCUSDT先物のロングポジションを66,000ドルで建てた場合、上図の価格でTP/SLを設定するとします。価格が70,000ドルまで上昇するとTP注文がトリガーされて利益が得られ、価格が60,000ドルまで下落するとSL注文がトリガーされてリスクが軽減されます。

Bitget初心者ガイド - 先物取引の注文の種類入門 image 2

BTCUSDT先物のショートポジションを66,000ドルで建てた場合、上図の価格でTP/SLを設定するとします。価格が70,000ドルまで上昇するとリスク管理のためSL注文がトリガーされ、価格が60,000ドルまで下落するとTP注文がトリガーされて利益が得られます。

市場が大きく変動した場合、TP/SL注文のすべてまたは一部が約定しない可能性があります。

5. ポストオンリー注文

先物取引における一般的な注文の次は、より高度な注文についてご説明します。例えば、ポストオンリー注文は、注文がすでにオーダーブックに登録されている注文とマッチングしないようにする高度な指値注文で、取引手数料 がメイカーのレートで請求されます。

ポストオンリー‌注文には、主に2つの目的があります。

1. メイカー手数料の削減を保証。

2. 操作ミスによる損失を防止。

一般的にメイカー手数料はテイカー手数料より低いので、最初の目的は理解しやすいと思います。2つ目の目的を詳しく説明すると、設定したトリガー価格の方が最良の市場価格よりも損失が大きくなってしまう場合があります。例えば、注文時に誤ってゼロを多くまたは少なく入力してしまうと、約定時に大きな損失につながる可能性があります。ポストオンリー機能を有効にすると、現在の市場価格よりも高い価格で暗号資産を購入しようとした場合、システムは自動的に注文をキャンセルし、高値での購入を防ぎます。

6. トレーリングストップ注文

トレーリングストップ注文とは、より大きな変動が発生することを条件に、事前に設定した注文を出す高度な注文 です。市場価格または基準価格が、最高または最低価格×(1±トレール分散)に達した場合、注文は最良の市場価格で発注されます。TP/SL注文に比べ、トレーリングストップ注文は、ボラティリティの高い市場における価格の反転、トレンドが反転した際のポジションの決済や損切り、トレンド戦略とオシレーター戦略の切り替えなど、市場の変曲点を捉えるのに適しています。

トレーリングストップ注文の利点は、利益水準を管理し、取引戦略を再現できる点にあります。トレーリングストップを使用すると、利益が増えるにつれて損切り価格が調整されるため、潜在的な利益を拡大できる一方、価格が下落した場合はタイムリーに決済して利益を確保できます。さらに、トレーリングストップ注文は簡単に設定できるため、常に市場を監視して手動で注文を調整する場合のコストを削減できます。トレーリングストップ注文はルールに基づくため、市場の動きによる衝動的な判断を防ぎ、取引戦略の再現性を高められます。

Bitget初心者ガイド - 先物取引の注文の種類入門 image 3

例えば、BTCUSDT無期限先物の現在の市場価格が60,000ドルだとします。価格が下落し続けると予想し、50,000ドルまで下落した後は反発する可能性があると考えています。このような場合、トレーリングストップ注文のトリガー価格を50,000ドルに設定し、トレール分散を2%に設定できます。トレーリングストップ注文は、BTC60,000ドルから50,000ドルに下落したときにトリガーされます。

BTCUSDT無期限先物の現在の市場価格が60,000ドルで、68,000ドルを超えて上昇し続け、その後反落するとします。大きな反落があったときにロングポジションを決済したいと考えています。その場合、トレーリングストップ注文を68,000ドルに設定し、トレール分散を1%に設定できます。

価格が67,000ドルまで上昇した後、62,000ルまで下落した場合、トレール分散が1%を超えていてもトリガー価格に達していないため、注文はトリガーされません。その後、価格が再び68,000ドルまで上昇してトリガー価格に達すると、システムはトレール分散の監視を開始します。価格はその後61,000ドルに下落しました。(68,000 - 61,000÷ 68,000 = 1.02%となり、トレール分散1%となったため、トレーリングストップがトリガーされます。

まとめ

成行注文による市場機会の獲得、指値注文による正確な価格設定、条件付き注文による 取引 Bot の自動化など、あらゆる種類の注文に関する包括的な知識は、市場にうまく対応し、情報に基づいて取引目的に応じた意思決定を行うのに役立ちます。このような基礎知識を掘り下げることで、好みや目標に合わせて取引戦略を調整でき、知識豊富なトレーダーとなることができます。

関連記事

Bitget ビギナーズガイド - 先物とは?

Bitget 初心者ガイド:はじめての先物取引

Bitget ビギナーズガイド - 清算を回避する方法

Bitget 初心者ガイドー USDT-M 先物、 USDC-M 先物、 Coin-M 先物のご紹介

Bitget 初心者ガイド - 先物取引の基本用語・解説