Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引先物コピートレード自動売買Bitget Earn
取引の基本初心者ガイド先物取引
Bitget初心者ガイド - 先物取引の基本用語・解説

Bitget初心者ガイド - 先物取引の基本用語・解説

新規ユーザー
2024-05-09 | 20m

概要

● 先物取引で使用される用語は、現物取引よりも複雑です。これらの用語と使用される場面を知っておくと、先物取引に早く慣れるのに役立つでしょう。

● 一般的かつ重要な用語については、セクションの最後に例を挙げたり、用語の意味や取引判断での使われ方を解説している記事へのリンクを紹介したりしています。

● この記事では、Bitget 先物 を例に、ポジション建て前、ポジション保有時、ポジション決済時の3つに分けてご説明します。また、新規ユーザーが取引全体で使用される用語やその機能を理解できるように、その他の基本用語も取り上げています。

先物取引の基本用語

基本用

意味

使用場面

ロングする、ショートする

ロングするとは、価格が上昇すると予想した場合に、後でより高い価格で売って利益を得るために先物を購入することです。Bitget先物取引ページでロングで参入を選択すると、ロングポジションが開始されます。逆にショートするとは、価格が下落すると予想した場合に、後でより低い価格で買い戻して利益を得るために先物を売却することです。Bitget先物取引ページでショートで参入を選択すると、ショートポジションが開始されます。

ポジションを建てる前

レバレッジ

適切なレバレッジを選択することが重要です。なぜなら、レバレッジは利益を増幅させますが、損失もの可能性も増大する諸刃の剣だからです。レバレッジが高ければ高いほど、清算のリスクも高くなります。ご自身にとって適切なレバレッジを選択しましょう。例えば、リスクを抑えたいトレーダーや初心者は、5倍や2倍といった低レバレッジがおすすめです。レバレッジの倍率は、トレーダーの暗号資産市場に対する理解度、リスク許容度、安心度に基づいて決定するべきです。

ポジションを建てる前

マージン、初期マージン、維持マージン

マージン(保険基金)は、担保不足をカバーするために使用され、プラットフォームでの自動デレバレッジの可能性を低減します(マージン = ポジション価値 ÷ レバレッジ倍率)。

初期マージンとは、先物取引でポジションを建てるためにアカウントに必要なマージンのことです。

維持マージンとは、ポジションを保有し続けるために最低限必要なマージンのことです。ユーザーのリスク限度額に応じて変動します。

ポジションを建てる前、ポジション保有時

ポジション価値

保有ポジションの現在の価値を指し、最終価格に応じてリアルタイムで変動します。なお、先物の種類によってポジション価値の算出方法は異なります。

ポジション保有時

資金調達率、カウントダウン

資金調達率 は、午前1時、午前9時、午後5時(日本時間)の8時間ごとに買い手と売り手の間で直接やり取りされる資金調達手数料を算出するために使用されます。カウントダウンは、次の資金調達率の調整までの残り時間を示します。

いつでも

マーク価格、インデックス価格、最終価格

マーク価格は、先物の現在の公正価格を反映しており、インデックス価格と今後の資金調達率によって決定されます。また、ポジションの未実現損益を算出し、清算をトリガーするためにも使用されます。

インデックス価格とは、様々な現物取引所の価格の合計にそれぞれのウェイトを乗じたものです。

最終価格とは、先物の直近の約定価格を指します。

ポジションを建てる前、ポジション保有時

分離マージン、クロスマージン

分離マージンでは、ロングポジションとショートポジションのリスクを別々に算出し、両方向のポジションを保有できます。各ポジションには一定額のマージンが割り当てられます。マージンが維持マージンレベルを下回るとポジションは清算されますが、損失額がポジションのマージン額を超えることはありません。分離マージンモードでは、特定のポジションに対してマージンの追加または削除が可能です。

クロスマージンモードでは、同じマージン資産内にある全ポジションが同じマージン残高を共有します。そのため、清算が起きた場合、マージン残高全額とマージン資産のポジションを失うリスクがあります。つまり、ポジションの清算を避けるため、アカウント内の利用可能な残高をすべてマージンとして使用できます。

ポジションを建てる前

指値注文、成行注文

指値注文とは、ユーザーが設定した特定の指値価格でオーダーブックに発注される注文のことです。注文は、市場価格が現在の買売価格に達するか、それよりも高い価格の場合にのみ執行されます。指値注文は、ユーザーが現在の市場価格よりも安値で買ったり、高値で売ったりするのに便利です。現在の市場価格で即座に約定する成行注文とは違い、指値注文はオーダーブックに発注され、その価格に達したときに初めてトリガーされます。

成行注文は、約定する可能性が最も高い価格でシステムが注文を出します。注文が全部または一部約定しなかった場合に、システムが最も約定の可能性が高い最新価格で注文を出し続けます。

ポジションを建てる前

テイクプロフィット、ストップロス

テイクプロフィット(TP)注文は利益が出るとポジションを決済し、ストップロス(SL)注文は現在のポジションの損失を制限します。テイクプロフィット注文とストップロス注文は、TP/SL機能で簡単に発注できます。

ポジションを建てる前、ポジション保有時

実現損益額、未実現損益額

実現損益額は、決済したポジションの損益額(取引手数料を含む)です。未実現損益額は、現在の市場価格におけるポジションの推定損益額(取引手数料と資金調達手数料を除く)です。

ポジション保有時

ポジション決済、清算

ポジション決済とは、保有している先物と反対方向に、同じ種類、数量、受渡月の先物を売買することです。これは先物取引を決済するために行われます。つまり、反対方向のヘッジによってポジションを決済するとも理解できます。 先物取引でのポジション決済は、現物取引でのポジション売却のようなものです。

清算 は、ポジションのマージンが維持マージンレベルを下回り、マージンの担保が全額失われた際に発生します。マーク価格がポジションの清算価格に達するとトリガーされます。

ポジション保有時、決済時

ポジションを建てる前

前述したように、先物取引には複数の種類 があります。主なものとしては、USDT-M/USDC-M先物、Coin-M無期限/受渡先物があります。この2つの違いは、見積単位、保有期間、取引額にあります。ほとんどの用語は両方の先物のタイプで使われていますが、少し違いがあります。この記事では、先物取引の初心者をサポートするため、Bitget USDT-M/USDC-M 無期限先物 に焦点を合わせます。

Bitget初心者ガイド - 先物取引の基本用語・解説 image 0

用語の順序:上から下、左から右

USDT-M/USDC-M(無期限)先物:USDT-M / U SDC-M 先物はフォワード先物とも呼ばれ、ステーブルコイン(通常はUSDTまたはUSDC)がベースの先物です。USDT-M/USDC-M先物では取引内容の価値がドルに換算されるため、価値とリスクをより直感的に評価できます。ビットコインなどの暗号資産を実際に購入せずに、USDTやUSDCなどのステーブルコインで暗号資産を直接取引できるため、価格下落によるリスクを回避できます。USDT-M/USDC-M先物は、先物取引に慣れていない初心者に特に適しています。

btcusdT無期限先物を例にとると、1 BTCUSDTを保有していてBTC価格が1,000ドル上昇した場合、1,000ドルの利益が出ます(逆の場合も同様です)。USDT-M/USDC-M先物は常にUSDTまたはUSDCで決済されるため、マージンと損益額もすべてUSDTまたはUSDCで算出されます。

マーク価格:マーク価格は、先物の現在の公正価格を反映しており、インデックス価格と今後の資金調達率により決まります。また、ポジションの未実現損益を算出し、清算をトリガーするためにも使用されます。

インデックス価格:様々な現物取引所の価格の合計にそれぞれのウェイトを乗じたものです。

最終価格:その名の通り、先物取引ペアの最終約定価格を指します。

この3つの価格には、それぞれ異なる目的があります。インデックス価格は、異なる取引所間の先物価格のバランスをとるために使用される加重平均であるため、厳密に監視する必要がありません。この平均化は、取引所間の先物価格の格差を最小限に抑えるのに役立ちます。対照的に、最終価格とマーク価格の役割はまったく異なります。例えば、マーク価格がガソリンの世界平均価格とすると、最終価格は近所のガソリンスタンドの1リットルの価格となります。

先物取引では需要と供給の力学が働くため、先物価格と原資産価格との間に乖離がよく生じます。これは、価格が1つしかない現物取引とは対照的です。ユーザーにとって、マーク価格は取引では通常使用されず、ポジションのリスクを監視するインジケーターとして機能します。一方、最終価格は取引におけるデフォルトの市場価格として機能します。

ただし、マーク価格は先物の推定公正価値で、市場変動時の不必要な清算を防ぐために資産の公正価値が考慮されています。マーク価格は、清算と未実現損益額の算出の2つの領域で機能します。

Bitget先物では、清算のトリガー条件にマーク価格を使用しています。実際には、マーク価格は資産の現物価格が清算水準に達していないにもかかわらず、最終価格の短期的な変動によって引き起こされる不公正な清算からユーザーを保護します。

また、ユーザーがポジション決済前に実際の実現損益額を知ることが難しいことがあるため、未実現損益額を算出する際の参考としてマーク価格が使用されます。これにより、未実現損益額が正確に算出され、不必要な清算を避けられます。

清算:清算 は、ポジションのマージンが維持マージンレベルを下回り、マージンの担保が完全に失われることを指します。マーク価格がポジションの清算価格に達するとトリガーされます。

未実現損益額:取引手数料と資金調達手数料を除いた、現在の市場価格に基づくポジションの推定損益額です。

資金調達率、カウントダウン:資金調達率 は、午前1時、午前9時、午後5時(日本時間)の8時間ごとに買い手と売り手の間で直接やり取りされる資金調達手数料を算出するために使用されます。カウントダウンは、次の資金調達率の調整までの残り時間を示します。

Bitget初心者ガイド - 先物取引の基本用語・解説 image 1

用語の順序:左から右、上から下

オーダーブック:ユーザーの未決済注文の価格と数量をリアルタイムで表示します。これは完了した取引の記録ではなく、単なる保留中の注文の記録です。未約定のポジションを保有している場合、オーダーブックで注文を確認することができます。

取引履歴:完了した取引の記録がリアルタイムで表示され、約定価格、数量、日時が確認できます。

分離マージンモード:このモードでは、それぞれのリスクを別々に算出し、両方向(ロングとショート)でポジションを保有できます。各ポジションには一定額のマージンが割り当てられます。マージンが維持マージンレベルを下回った場合、ポジションは清算されますが、最大損失額がポジションのマージン額を超えることはありません。分離マージンモードでは、特定のポジションに対してマージンの追加または削除が可能です。

クロスマージンモード:このモードでは、同じマージン資産内にある全ポジションが同じマージン残高を共有します。清算が起きた場合、トレーダーはマージン残高全額とマージン資産のポジションを失うリスクがあります。つまり、ポジションの清算を避けるため、アカウント内の利用可能な残高をすべてマージンとして使用できます。

レバレッジ:適切なレバレッジを選択することが重要です。なぜなら、レバレッジは利益を増幅させますが、損失もの可能性も増大する諸刃の剣だからです。レバレッジが高ければ高いほど、清算のリスクも高くなります。ご自身にとって適切なレバレッジを選択しましょう。例えば、リスクを抑えたいトレーダーや初心者は、5倍や2倍といった低レバレッジがおすすめです。レバレッジの倍率は、トレーダーの暗号資産市場に対する理解度、リスク許容度、安心度に基づいて決定するべきです。

指値注文:指値注文とは、ユーザーが設定した特定の指値価格でオーダーブックに発注される注文のことです。注文は、市場価格が現在の買売価格に達するか、それよりも高い価格の場合にのみ執行されます。指値注文は、ユーザーが現在の市場価格よりも安値で買ったり、高値で売ったりするのに便利です。現在の市場価格で即座に約定する成行注文とは違い、指値注文はオーダーブックに発注され、その価格に達したときに初めてトリガーされます。

BBOBBO(ベスト・ビッド・オファー)は指値注文の一種です。BBOにより、トレーダーは、現在のキュー1、キュー5、カウンターパーティ1、またはカウンターパーティ5の価格と一致する指値注文価格を素早く設定できるため、より迅速な注文執行とより良い価格マッチングが可能になります。BBO注文が発注されると、注文発注時に利用可能な最良価格に自動的に調整されます。

成行注文:システムは、約定される可能性が最も高い価格で注文を出します。注文が全部または一部約定しなかった場合に、システムが最も約定の可能性が高い最新価格で注文を出し続けます。

初心者には指値注文も成行注文も使いやすい取引方法で、どちらが良いかはユーザーの好みによります。Bitget現物取引でも、指値注文と成行注文のオプションを提供しています。

ポストオンリー:このモードでは、注文は即座に市場で執行されず、トレーダーが常にメーカーとなることを保証します。ポストオンリー注文が既存の注文によってすぐに約定される場合、その注文はキャンセルされます。

トレーリングTP/SL相場が自分の取引に不利または有利に動いたときに、ユーザーが事前に設定した注文を出せる特別な指示で、相場の変動中に損失を限定して利益を保護するのに役立ちます。 これは、市場価格から特定の割合で離れた価格に事前に注文を出すことで、有利な方向に価格が動くと利益を確定できる仕組みです。

市場価格が有利な方向に動くと、それに応じてトレーリングTP/SLが調整され、市場価格から特定の割合または金額で設定された距離を維持します。これにより、ユーザーはポジションを維持しながら、価格が有利な方に動いた場合に利益を増やし続けられます。しかし、価格が特定の割合で反対方向に動いた場合、トレーリングTP/SLは市場価格でポジションを決済します。これは、価格が不利に動いたときにポジションを決済することで、損失を限定して利益を保護するためです。

トリガー注文:市場価格がトリガー価格に達したときに、あらかじめ設定した数量と価格で発注します。注文がトリガーされる前に、資金がロックされることはありません。この注文は、あらかじめ設定された価格またはレバレッジレベルの対象となるため、約定しない場合があります。

一般的に、トリガー注文やトレーリングTP/SL注文は、初めて先物取引を行うトレーダーには適していません。

計算機:計算機は、マージン、リスク/リターン、テイクプロフィットPnL、テイクプロフィットROI、ストップロスPnL、ストップロスROIを含むPnLを算出できます。さらに、Bitget先物の計算機は、目標価格、清算価格、平均価格などを算出できます。計算機により算出された価格や価値は参考値であり、実際の取引手数料やその他の手数料は含まれませんので、ご注意ください。

Bitget初心者ガイド - 先物取引の基本用語・解説 image 2

TP/SLテイクプロフィット(TP)注文は、利益が出るとポジションを決済します。ストップロス(SL)注文は、現在のポジションの損失を制限します。テイクプロフィット注文とストップロス注文は、TP/SL機能で簡単に発注できます。

GTC(グッド ティル キャンセル):キャンセルされるまで有効な通常の指値注文。

FOK(フィル・オア・キル):注文がすぐに完全に執行されない場合は、完全にキャンセルされます。

IOC(即時またはキャンセル):注文がすぐに執行できない場合、未執行分はキャンセルされます。

上記で取り上げた概念は、ポジションを建てる前に理解しておくことが不可欠です。マーク価格、最終価格、クロスマージン、分離マージン、レバレッジ、指値注文、成行注文などの基本用語は、先物注文を行う上で非常に重要で、十分に理解する必要があります。次に先物注文についてご説明しますが、他にもまだ学ぶべき重要な概念があります。

ポジション保有時

ポジションオープン:先物注文を出すことです。ポジションを建てるということが、売買を意味するのではない点に注意が必要です。取引を行う際は、ロングで参入またはショートで参入を選択します。 特定の先物資産が強気だと思う場合はロングで参入を選択し、そうでない場合はショートで参入を選択してください。

参入手数料:ポジションを建てるために必要な推定手数料を確保するためにシステムが設定する取引手数料です。

Bitget初心者ガイド - 先物取引の基本用語・解説 image 3

マージン:保険基金とも呼ばれるマージンは、担保不足をカバーするために使用され、プラットフォームでの自動デレバレッジの可能性を低減します(マージン = ポジション価値 ÷ レバレッジ倍率)。先物取引では、マージンの概念を理解することが非常に重要です。時間の経過によって変化する概念もありますが、この記事では一般的なマージンの概念についてご説明します。

維持マージン:ポジションを保有し続けるために最低限必要なマージンのことで、ユーザーのリスク限度額に応じて変動します。

維持マージン率:ポジションサイズレベルに対応するマージン額です。ポジションのマージン率が維持マージン率を下回ると、一部または全額清算がトリガーされます。

ポジションマージン:初期マージンとポジション決済に必要な取引手数料の合計です。

注文マージン:約定待ちの有効な注文の全マージンの合計です。

初期マージン:マージン取引でポジションを建てる際に必要なマージンです。

マージン率:ユーザーの現在のポジションのリスクを測定します。100%に達すると、全額清算または一部清算がトリガーされます。計算式:マージン率 = 現在のポジションの維持マージン÷(アカウント資本 – 分離マージンモードでの注文使用額 – 分離マージンポジションの未実現損益額 – ポジションの分離マージン)

アカウント資本:ユーザーが先物アカウントで保有するすべての資産です。アカウント資本 = 入金額 + 実現損益額合計 + 未実現損益学合計(ボーナスはアカウント資本に含まれます)。

使用可能な資金:ポジションを建てるために使用できる資金です。クロスマージンモードのポジションの未実現損益額を含みますが、分離マージンモードのポジションの未実現損益額は含まれません。計算式:利用可能資金 = アカウント資本 – 投資資金 – 分離マージンモードでの未実現損益額

実現損益額:取引手数料を含む、決済したポジションの損益額です。

投資収益率(ROI):投資による利益とコストの割合で、投資効率と収益性を測る指標となります。

ボーナス ユーザーは、ボーナスを取引量の範囲内で取引に使用したり、特定の商品に投資したりすることができますが、出金したり他のアカウントに移したりすることはできません(ボーナスは仮想資産です)。

未実現損益額:取引手数料と資金調達手数料を除いた、現在の市場価格に基づくポジションの推定損益額です。

資金レバレッジ:ユーザーが保有する全ポジションのレバレッジです。

使用済みマージン:クロスマージンモードの全取引ペアのロックされたマージン + 分離マージンモードの全ポジションのマージン + ポジション建てのためにロックされたコストの合計。「使用済みマージン」の説明はやや複雑ですが、初心者が先物取引を始める際に、クロスマージンモードと分離マージンモードを同時に使用することはおすすめしません。最初はわかりやすくした方が良いでしょう。

最低注文数:注文可能な最小数です。

Bitget初心者ガイド - 先物取引の基本用語・解説 image 4

ポジション:保有中のすべての先物注文です。

未決済注文:発注済みのすべての未決済注文で、約定していない注文を指します。

平均ポジション価格:ポジションの平均価格です。

注文詳細:すべての約定注文の取引詳細(平均価格、取引量、取引時間など)です。

推定清算価格:清算が発生すると予想される推定価格で、ポジションのマージン率に基づいて算出されます。実際の清算価格を反映したものではありませんが、ユーザーはこの価格を認識しておく必要があります。

ポジションTP/SL注文:注文はポジション全体(既存のポジションとその後の追加または決済)に適用されます。最新の市場価格または妥当なマーク価格がトリガー価格に達すると、設定されたサイズの注文が最良の価格で発注されます。このTP/SL注文は、ポジションが完全に決済されると自動的に失効します。

MMR SLBitgetが開発したマージン率(MMR)に基づくストップロス機能で、清算リスクを最小限に抑えます。先物取引の場合、ポジションのリスクはMMRに基づいて測定され、MMRが高いほどリスクが高いことを示します。MMRが100%に達したときに清算が行われます。MMRの値を使用してストップロスを設定することで、清算のリスクを最小限に抑えることができます。

MMR SLでは、閾値を70%から90%まで設定できます。BTCUSDTロングポジションの閾値を85%に設定した場合、MMRが85%以上になると、システムがすべてのBTCUSDTロングポジションを決済します。

このセクションで説明したように、マージンの概念を理解することは非常に重要です。さらに、利食いと損切りの特徴を知ることで、先物商品の特徴をより理解できるでしょう。

ポジション決済に関する基本用語・その他の重要な概念

ポジション決済:保有している先物と反対方向に、同じ種類、数量、受渡月の先物を売買することです。これは先物取引を決済するために行われます。つまり、反対方向のヘッジによってポジションを決済するとも理解できます。先物取引でのポジション決済は、現物取引でのポジション売却のようなものです。

取引手数料:プラットフォームで取引を執行するためにトレーダーが受け取る、またはトレーダーに支払われる手数料 です。

純損益額:すべての手数料が差し引かれた後の最終的な利益または損失を指します。

自動デレバレッジ(ADL):市場の極端な状況や不可抗力的な状況によりリスクに対する準備金が不十分になったり、急激に減少したりした場合に、全体的なリスクをコントロールするためにカウンターパーティーのポジションを清算する仕組みを指します。

分離マージンモードでの自動マージンコール:この機能は、分離モードでのポジションに必要なマージンを迅速に補充することで、ユーザーが清算を回避するのに役立ちます。有効化されると、清算を回避するために必要なマージンが、利用可能なマージンからポジションに移されます。

あるユーザーの利用可能残高が600 USDTで、現在のBTC価格が27,249.5 USDTだとします。ユーザーはレバレッジ10倍で0.1 BTCUSDTのロングポジションを建て、272.495 USDTの初期マージンが必要です。推定清算価格は24,637.9 USDTと算出され、利用可能残高は327.505 USDTです。

マーク価格が推定清算価格である24,637.9 USDTを下回ると、ポジションが清算されないように自動マージンコールがトリガーされます。その結果、272.495 USDTがポジションのマージンに追加され、利用可能残高は55.01 USDTになりました。その結果、新しい推定清算価格は21,900.4 USDTとなり、このポジションの初期マージンは544.99 USDTとなります。

BTCUSDTの価格が下落を続け、推定清算価格である21,900.4 USDTを下回った場合、自動マージンコールが再度トリガーされます。今回、利用可能残高には55.01 USDTしか残っておらず、これがポジションのマージンに追加され、推定清算価格は21,347.7 USDTになります。

アカウントの残高がなくなった場合、自動マージンコールがトリガーできないため、価格が21,347.7 USDTを下回ると、ポジションは最終的に清算されます。

即時決済:システムは、約定される可能性が最も高い価格で注文を出します。注文が約定されなかったり、完全に約定しなかったりした場合、システムは最も約定される可能性の高い最新の価格で注文を出し続けます。

リスクマージン:暗号資産市場のボラティリティが高く、清算時に正確な損失を追跡することができないため、Bitgetでは、リスクマージン制度 を導入しています。清算がトリガーされて完了すると、アカウントに残っている資産はリスクマージンに入金されます。アカウント残高がマイナスの場合、不足分がリスクマージンから差し引かれます。

注意:清算がトリガーされた後の注文価格は、市場のボラティリティと流動性の影響を受けます。その結果、最終的なリスク資金が清算トリガー価格と完全に一致しない場合があります。

まとめ

今回ご紹介した用語をよく理解せずに先物取引 を行うと、高いコストや失敗の原因となる可能性があります。先物取引は複雑でハイリスクですので、取引のあらゆる側面を理解することが極めて重要です。この記事により、トレーダーの皆様の取引に対する洞察が深まり、取引の意思決定のお役に立ちましたら幸いです。

とはいえ、常に慎重に取引し、ご自身のニーズに合った戦略を立てることが大切です。常に失敗から学ぶ必要はありません。賢明に取引するには、積極的に準備して戦略的な先見を持つことが肝心です。

Bitget先物をさらに理解するためのおすすめの記事:

Bitget 初心者ガイド:はじめての先物取引

Bitget ビギナーズガイド - 先物とは?

Bitget 初心者ガイドー USDT-M 先物、 USDC-M 先物、 Coin-M 先物のご紹介

Bitget ビギナーズガイド - 清算を回避する方法

シェア
link_icon