Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引先物コピートレード自動売買Bitget Earn
取引の基本初心者ガイド先物取引
Bitget初心者ガイド - マージンモードのご紹介

Bitget初心者ガイド - マージンモードのご紹介

新規ユーザー
2024-05-23 | 10m

概要

- この記事では、先物取引におけるマージンの定義と概念、そして暗号資産市場においてマージンを有効活用する方法についてご紹介します。

- 暗号資産マージン取引に伴うリスクについても取り上げ、分析しています。

- マージン取引の長所と短所。

暗号資産の先物取引の主な利点は、基本的にマージンシステム による投資家の購買力の増幅です。このシステムにより、投資家は借り入れた資金で取引を行うことができます。多くの場合、現金アカウントで許容される以上の資産を取得できます。これらの取引ポジションは比較的高額であるため、投資家は市場の動きを正確に予測すれば、元本の何倍もの利益を得ることができます。その結果、マージン取引の導入により暗号資産投資の動きが劇的に活発化し、業界で最も注目されている商品の一つとなりました。

マージン取引とは?

マージン取引は間違いなく、デリバティブ業界で最も重要なイノベーションの一つです。取引プラットフォームは、デリバティブ先物の両当事者が義務を履行できるようにするため、マージンシステムに依存しています。

では、この仕組みはどのように機能しているのでしょうか?マージンの要件は、取引プラットフォームによって若干異なることがあります。例えば、Bitgetでは、投資家は資産の一部をマージンアカウントに入金すると、通常、取引プラットフォームから資金を借りることができます。これにより、購買力が大幅に向上します。つまり、マージンはマージン取引と密接な関係があります。詳細は、Bitget Coin-M 先物:レバレッジとリスク管理 をご覧ください。

マージン取引では、投資家は毎日ポジションを再評価する必要があります。アカウント残高が必要なレベルを下回った場合、速やかに資金を補充しなくてはなりません。そうしないと、取引プラットフォームは、アカウント残高に必要な最低金額に達するまで未決済ポジションを決済します。さらに、投資家は資金を追加入金する代わりに、ポジションを決済することを選択することもできます。

これらの概念を明確にした上で、マージン取引に関連する用語やプロセスを知り、その仕組みを深く理解しましょう。

信用取引の仕組み

初期マージン

暗号資産マージン取引では、投資家は最初に一定額のマージンをBitgetに提供する必要があります。通常、取引する暗号資産の金額の10%や20%といった少額の割合です。これを初期マー ジン といいます。初期マージンは、投資家が希望するポジションを執行するために必要な最低金額です。 基本的に、初期マージンはポジションのレバレッジに直接関係しています。例えば、レバレッジ20倍を選択した場合、初期マージンはポジション総額の5%が必要となります。ポジションが大きくなればなるほど、レバレッジは低くなり、必要な初期マージンは高くなります。このルールにより、投資家は実際に保有する暗号資産の金額よりもはるかに大きな取引を行うことができます。

例えば、投資家が10 Bitcoinでマージン取引を行いたいと考え、レバレッジ10倍を選択したとします。その場合、10 Bitcoinの取引を行うには、1 Bitcoinをマージンとして提供するだけで済みます。この種のレバレッジを利用した借入は、投資家の資本を効果的に拡大し、市場の変動から利益を得る可能性を高められます。

維持マージン

維持マージン は、レバレッジをかけたポジションを維持するため、投資家のアカウントに必要な資金の総額です。通常、関連する暗号資産の価格差に基づいて変動します。アカウントに十分なレベルの資金を維持することは、ポジションを保有する上で極めて重要です。そうしないと、すぐに取引プラットフォームから、レバレッジをかけたポジションがリスクにさらされる可能性がある旨の通知を受け取ることになります。マージンコールと呼ばれるこの歓迎されないメッセージは、投資家の信用取引がまもなく清算される可能性を知らせるものです。維持マージンの水準が満たされない場合、投資家はレバレッジをかけたポジションのすべてを清算せざるを得ないこともあります。

各ポジションの維持マージン=維持マージン率 × 現在の合理的なマーク価格で計算されたポジション価値。ポジションを決済するために必要な取引手数料(テイカー手数料)も維持マージンに含まれます。これはポジションを維持するために必要な最低マージンであり、アカウント残高がこの金額を下回った場合、ポジションは清算されます。

詳細:マージンの概要

先物取引におけるマージンモード

マージン取引の一般的な側面を理解したところで、Bitget 先物取引 の2つの一般的なマージンモードである クロスマージンと分離マージン について解説します。この2つのオプションは基本的に表裏一体で、投資家に保守的な戦略とハイリスクな戦略の両方を提供します。

Bitget初心者ガイド - マージンモードのご紹介 image 0

分離マージンモード

分離マージン は、投資家の貴重な資産を危険にさらさない比較的リスクの低い戦略です。この方法により、投資家は他のアカウントから完全に分けてポジションを建てられます。分離マージンポジションでは、何が起きても投資家の残りのポートフォリオには影響しません。

分離マージンの良い例は、新しい暗号資産に賭けたり、市場でリスクの高い価格変動に賭けたりすることです。どちらの場合でも、1つのバスケットにすべての卵を入れない方が賢明であるとBitgetはアドバイスします。分離マージンアカウントを利用することで、投資家は他の資金を損なうことなく、このリスクを取り、必要なレバレッジを得ることができます。

このように、経験豊富な投資家にはリスクを迅速に軽減する無数の選択肢があるため、取引に失敗してもそれほど心配することはありません。分離マージンアカウントを利用すれば、投資家は高い清算リスクを心配することなく、明確に異なる戦略を追求できます。

クロスマージンモード

クロスマージンモードは、完全に反対の概念を持ちます。すでにマージンポジションをいくつか持っていて、さらにもう1つポジションを追加したいとします。しかし、必要なマージンが高すぎて、投資家のポジションに割り当てられた初期マージンと維持マージンの両方をカバーすることはほとんど不可能です。では、このシナリオに対する正しいアプローチは何でしょうか?投資家は当分の間、取引を中止すべきなのでしょうか?

いいえ。

クロスマージンモードでは、投資家は統一されたマージン残高でポジションを統合できます。簡単に言えば、ある投資家がクロスマージンモードを使って10種類のポジションを持っている場合、1つのマージン残高を共有できます。このオプションにより、投資家は大きな流動性を求めることなく、ポートフォリオにポジションを追加できます。

暗号資産市場でリスクの高い取引をする場合、クロスマージンモードは最適とはいえません。この戦略では、投資家のマージンポートフォリオ全体がマージンコールの対象となる恐れがあります。今後数週間から数か月の間に、市場で発生するかもしれない利益が出そうな値動きの機会を想像してみてください。

分離マージンがあれば、投資家は現在のポジションに影響を与えることなく、この値動きを贅沢に追求できます。クロスマージン取引では、投資家はこの取引をより慎重に検討しなければなりません。結局のところ、値動きが成功しなければ、投資家は何か月、あるいは何年もの努力を無駄にするかもしれません。

クロスマージンは臨機応変な判断には対応できませんが、トレーダーにはより優れたポジションパッケージを開発する機会があります。したがって、投資家が魅力的だがリスクの高い市場オプションに賭けられなくなっても、取引量という点で補うことができます。十分な初期マージンがあれば、クロスマージンモードにより、投資家はかなりのマージン残高を蓄積でき、潜在的な利益を大幅に倍増させることができます。

一般的に、どちらのモードが適しているかは、意思決定の好みによります。分離マージンは、異なる戦略を追求し、リスクエクスポージャーを単一のアカウントに限定することを好むトレーダーの戦略を強化します。逆に、クロスマージン取引では、膨大なポートフォリオを構築できますが、取引ポジション全体が清算リスクにさらされます。客観的な答えはありませんが、初心者トレーダーは分離マージンの方が適しているかもしれませんが、投資家は自身の現状と取引能力に最も適した戦略に基づいて決定するべきです。

さらに、先物取引では他にもマージンの概念があります。

変動マージン

変動マージンは、マージンコールが発生した場合に算出される初期マージンと現在のマージン残高との差額です。このマージンの額は、さまざまなポジションのシナリオに基づいて個別に決定する必要があります。

利用可能マージン

新規取引を行うために利用可能な資産の総額が利用可能マージンです。

Bitgetは、ユーザーがリスク管理ツールを用いて責任ある取引を行うことを推奨しています。そのため、Bitgetでは同じ基本通貨と決済通貨を使用して反対方向のポジションを建てる場合、価値の大きい方のポジションに対してのみマージンが必要となります。

例:ボブはBitgetで5 BTCを有利な市場条件でロングしたいと考えています。しかし、ボラティリティが高いため、ロングポジションのリスクを相殺するために2 BTCのショートも行い、価格が下落しても5 BTCすべてを決済しなくて済むようにしたいです。ボブがBitgetのCoin-M 先物またはUSDT-M 先物を使用する場合(これら2つのポジションはUSDTまたはBTCなど同じ決済通貨を使用する必要があることに注意してください)、マージンアカウントにはロングポジションに必要なマージンのみが差し引かれます。

これはBitgetマージンシステムの特別な設計であり、リスク評価を容易にし、資本活用の効率を向上させることを目的としています。

リスクマージン

リスクマージンは、トレーダーのアカウントのリスクを決定する別のタイプのマージン要件です。上記の例から、ボブはヘッジによって受渡義務を軽減していることがわかります。実際の受渡義務は、リスクマージンの最大水準を示しますが、現物価格や先物価格の変動に応じてリアルタイムで更新されます。Bitgetは、この複雑なメカニズムを使用して、清算リスクをより効果的に回避する唯一の暗号資産デリバティブ取引プラットフォームであると自負しています。

まとめ

マージン取引は、為替市場のようなボラティリティの低い市場で人気があります。ただし、暗号資産デリバティブ取引 にも適用できるため、より多くの投資家が暗号資産市場に参入できるようになります。暗号資産デリバティブ先物のマージン取引の本質は変わらず、以下の長所と短所があります。

長所:トレーダーは少額の投資資金で利益水準を大幅に向上させることができます。Bitgetは最大125倍のレバレッジを提供しており、潜在的リターンを大幅に拡大することができます。つまり、トレーダーはリーズナブルなコストで複数のポジションを建てることができ、ポートフォリオの分散化を実現できます。

長所:マージン取引は、市場でかなりの時間を費やす経験豊富なトレーダーに特に適しています。優れた予測能力と暗号資産の状況を深く理解している投資家は、マージン取引でかなりの利益を上げることができます。マージン取引では、暗号資産を所有することはできませんが、利益であれ損失であれ、価格差から利益を得ることができます。したがって、この戦略の主な目的は、実際に資産を所有するリスクを負うことなく、価格変動の恩恵を受けることです。

短所:マージン取引の最大の問題は、損失がトレーダーの初期マージンを大幅に上回る可能性があるという取引リスクの増大です。暗号資産のようにボラティリティの高い市場では、トレーダーは価格の変動が大きな損失につながる可能性があることを認識しておく必要があります。

関連記事

先物取引とは?

先物取引の始め方

清算を回避する方法

USDT-M 先物、 USDC-M 先物、 Coin-M 先物のご紹介

先物取引の基本用語・解説

先物取引の注文の種類入