Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引コピートレード自動売買Bitget EarnWeb3

テクニカル分析:TON USD

このゲージは、選択した時間枠におけるリアルタイムのToncoinテクニカル分析の概要を表示します。このToncoin概要は、移動平均線、オシレーター、ピボットポイントなど、最も人気のあるテクニカル指標に基づいています。

Toncoinテクニカルレーティング

Toncoin
Toncoin
TON
$6.36
+1.85%1日
まとめ
売却 : 5
ニュートラル : 8
購入 : 12
オシレーター
売却 : 2
ニュートラル : 6
購入 : 2
移動平均線
売却 : 3
ニュートラル : 2
購入 : 10

まとめ

テクニカルレーティング: ニュートラル

売却 : 5
ニュートラル : 8
購入 : 12
TON1日テクニカルレーティングによれば、取引シグナルは購入です。
オシレーター系インジケーターのうち、2は売り、2 は買い、6は中立トレンドがあります。
移動平均線インジケーターのうち、3は売り、10 は買い、2は中立トレンドがあります。
全インジケーターのうち、5は売り、12 は買い、8は中立トレンドがあります。
今すぐ取引する

オシレーター

テクニカルレーティング: ニュートラル

売却 : 2
ニュートラル : 6
購入 : 2
名前価値評価
RSI(14)
52.16
ニュートラル
STOCH(9,6)
26.11
ニュートラル
STOCHRSI(14)
0.1647
購入
MACD(12,26)
0.1466
売却
ADX(14)
16.24
ニュートラル
Williams %R
-73.8898
ニュートラル
CCI(14)
-35.5041
ニュートラル
ATR(14)
-
-
Hights/Lows(14)
7.44
購入
Awesome Oscillator(14)
0.3296
ニュートラル
ROC
-5.6289
売却

移動平均線

テクニカルレーティング: 購入

売却 : 3
ニュートラル : 2
購入 : 10
名前価値評価
EMA(10)
6.43
売却
SMA(10)
6.5
売却
EMA(20)
6.36
購入
SMA(20)
6.46
売却
EMA(30)
6.23
購入
SMA(30)
6.09
購入
EMA(50)
5.9
購入
SMA(50)
6.13
購入
EMA(100)
5.08
購入
SMA(10)
4.8
購入
EMA(200)
4.28
購入
SMA(200)
3.53
購入
IBL
-
ニュートラル
VWMA
-
ニュートラル
HMA
6.32
購入

ピボットポイント

ピボットクラシックフィボナッチカマリラウッディーDM
S3
5.84
5.96
6.3
5.9
-
S2
5.96
6.08
6.33
5.98
-
S1
6.17
6.16
6.36
6.23
6.23
P
6.29
6.29
6.29
6.31
6.31
R1
6.5
6.41
6.42
6.56
6.56
R2
6.62
6.49
6.45
6.64
-
R3
6.83
6.62
6.48
6.89
-

豊富な取引タイプから選べる

テクニカルレーティングについて

定義

テクニカルレーティングは、トレーダーや投資家が収益性の高い取引を特定しやすくするために、複数のテクニカル指標のレーティングを組み合わせたテクニカル分析ツールです。

計算

これらは、使用される個々の指標の評価を決定するために使用される基準です。最後のローソク足からの変化は、下落または上昇状態を決定するために使用されることにご注意ください。

すべての移動平均(MA)

買い — MA値 < 価格

売り — MA値 > 価格

中立 — MA値=価格

一目均衡表

買い — 基準線 < 価格、転換線が価格を下から横切り、先行線1 > 価格、先行線1 > 先行線2

売り — 基準線 > 価格、転換線が価格を上から横切り、先行線1 < 価格、先行線1 < 先行線2

中立 — 買いでも売りでもない

相対力指数(RSI)

買い — インジケータ < 30 で上昇中

売り — インジケーターが70を超え、下落中

中立 — 買いでも売りでもない

ストキャスティクス

買い — 本線<20、本線がシグナルラインを超える

売り — 本線>80、本線がシグナルラインの下を横切る

中立 — 買いでも売りでもない

商品チャネル指数(CCI)

買い — インジケーター≦100で上昇中

売り — インジケータが100を超え、下落中

中立 — 買いでも売りでもない

平均方向性指数(ADX)

買い — インジケーターが20を超え、+DIラインが—DIラインを超えている

売り — インジケーターが20を超え、+DIラインが—DIラインの下を横切る

中立 — 買いでも売りでもない

オーサムオシレーター(AO)

買い — ソーサーとバリューが0より大きいか、ゼロラインを超える

売り — ソーサーとバリューが0より低いか、ゼロラインの下でクロスする

中立 — 買いでも売りでもない

勢い

買い — 指標値が上昇

売り — 指標値が低下している

中立 — 買いでも売りでもない

MACD

買い — 本線値 > シグナルライン値

売り — 本線値 < シグナルライン値

中立 — 買いでも売りでもない

ストキャスティクスRSI

買い — 下降トレンド、KラインとDラインが20未満、KラインがDラインを超える

売り — 上昇トレンド、KラインとDラインが80を超え、KラインがDラインの下を横切る

中立 — 買いでも売りでもない

ウィリアムズパーセントレンジ(ウィリアムズ%R)

買い — インジケータ < 下限バンドで上昇中

売り — インジケータ>上限バンド、下落中

中立 — 買いでも売りでもない

ブルパワー、ベアパワー

買い — 上昇トレンド、ベアパワー < ゼロ、ベアパワーが上昇中

売り — 下降トレンド、ブルパワー>ゼロ、ブルパワーが下落中

中立 — 買いでも売りでもない

アルティメットオシレーター(UO)

買い — UO > 70

売り — UO < 30

中立 — 買いでも売りでもない

「売り」評価は-1、「中立」評価は0、「買い」評価は1です。グループおよび総合評価は、各指標の評価の平均として算出されます。

グループまたは総合評価への推薦は、この評価数値に基づき、以下の基準に従って決定されます。

[1.0 ≦ 値 < —0.5] — 売り優勢

[0.5 ≦ 値 < —0.1] — 売り

[0.1 ≦ 値 ≦ 0.1] — ニュートラル

[0.1 < 値 ≤ 0.5] — 買い

[0.5 < 値 ≤ 1.0] — 買い優勢

基礎知識

各指標の推奨度は、その指標に含まれるサブ指標について算出された評価に基づいています。

指標の総合評価には、2つの大きなサブ指標が含まれます。1つ目は、長さの異なるSMAとEMA(MAの長さは10、20、30、50、100、200)、一目均衡表(9、26、52)、VWMA(20)、HullMA(9)で構成されています。2つ目は以下のオシレーターで計算されます。 RSI(14)、ストキャスティクス(14,3,3)、CCI(20)、ADX(14,14)、AO、モメンタム(10)、MACD(12,26,9)、ストキャスティクスRSI(3,3,14,14)、ウィリアムズ%R(14)、ブルパワーとベアパワー、UO(7,14,28)。各グループの評価は別々に計算されます。インジケーターの設定でグループを選択すると、それぞれのレーティング計算がチャート上に表示されます。

見るべきポイント

テクニカルレーティングツールは、ゼロラインの上下で値が変動するように設計されています。その値は、赤、緑、グレーのバーのヒストグラムとしてプロットされ、選択に依存します。MAレーティング、オシレーターレーティング、またはその両方の平均値のいずれかを選択して表示することができます。

指標の値が0.1から-0.1の間は灰色です。飽和度の高い緑の列は0.1以上の上昇値を示し、飽和度の高い赤の列は-0.1以下の下降値を示します。

ヒストグラムの末尾のラベルには、MA、オシレーター、総合評価の状態が表示されます。グレーは中立、緑は買いまたは強い買い、赤は売りまたは強い売りです。

まとめ

テクニカルレーティングは、アナリストやトレーダーにとって貴重なテクニカル分析ツールとなります。多くのトレーダーは、より良い判断を下すために、補完的な指標を選択して使用しています。Bitgetのテクニカルレーティングツールは、最も人気のある指標とそのシグナルを組み合わせることで、この作業を簡単にします。

テクニカル指標について

オシレーター

オシレーターは、まだ始まっていないトレンドの変化の可能性を示す先行指標として人気があり、広く使われています。このタイプの指標は中間点の上下にある2つの限界の間で変動します。その値はトレンドの強さと勢いを測るのに役立ちます。また、オシレーターは通常、市場が買われすぎ、あるいは売られすぎ(価格が不当に高い、あるいは不当に低い場合)というシグナルを発するため、トレンドの反転を示唆することがあります。このことはポジションを決済するタイミングを判断する上で活用できます。

オシレーターは、トレンド相場では買われすぎや売られすぎの状態をすぐに示してしまうため、レンジ相場で最も効果を発揮します。よく見られるのは、中間点のクロス、最大値または最小値への接近、規則的または隠れた乖離です。オシレーターは通常、線またはヒストグラムでプロットされます。オシレーターには、相対力指数、ストキャスティクス、トゥルーストレングスインデックス、アルティメットオシレーターなど、多くの種類があります。

移動平均線

移動平均線は、価格ベースの遅行(または反応)指標であり、一定期間の資産の平均価格を表示します。移動平均線は、勢いを測り、トレンドを確認し、サポートとレジスタンスのエリアを定義する良い方法です。要するに、移動平均線はチャートを解釈しようとするときの「ノイズ」を平滑化します。ノイズは価格と出来高の両方の変動で構成されています。移動平均線は、すでに起こった出来事に反応する遅行指標であるため、予測指標としては使われず、確認や分析のための解釈指標として使われます。

実際、移動平均線は、ボリンジャーバンドやMACDなど、他のいくつかの有名なテクニカル分析ツールの基礎となっています。移動平均線にはさまざまな種類があり、どれも基本的な前提は同じで、バリエーションが加えられています。最も顕著なものは、単純移動平均(SMA)、指数移動平均(EMA)、加重移動平均(WMA)、船体移動平均(HMA)です。

ピボットポイント

ピボットポイント分析とは、価格が反応する可能性のある重要な水準を決定する手法です。ピボットポイントはサポートやレジスタンスとして機能する傾向があり、ターニング・ポイントになることもあります。この手法はデイトレーダーがよく使いますが、コンセプトはさまざまなタイムフレームで有効です。正確なポイントを特定する方法はいくつかあります。一般的なピボットポイントの種類には、トラディショナル、フィボナッチ、ウッディー、クラシック、カマリラ、DMなどがあり、それぞれのタイプには独自の計算方法があります。

ほとんどの場合、成立した高値、安値、始値と終値など、重要な価格のバリエーションを使用し、これらのポイントを決定するために計算します。これらはすべて、ピボットポイントと並んで追加のサポートレベルとレジスタンスレベルを計算し、取引のエントリーやエグジットのタイミング、または市場のレンジを決定するために使用することができます。保守的なトレーダーは、取引に入る前にさらなる確認を求めます。ピボットポイントを単独で使うにせよ、他の手法と組み合わせて使うにせよ、テクニカルトレーダーのツールの中では有用なツールです。

免責事項
Bitgetは、テクニカルレーティング指標による推奨のみに基づく金融商品の売買を奨励していません。推奨は、ユーザーが自分の戦略に合致したトレードにとって潜在的に有利な条件を見つける上で役立ち得る個々の指標セットに関する特定の条件の充足を示すに過ぎません。