Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引先物コピートレード自動売買Bitget Earn
ブロックチェーン
ブロックチェーン101:CEX vs DEX

ブロックチェーン101:CEX vs DEX

新規ユーザー
2022-06-29 | 5m

今回は、中央集権型取引所と分散型取引所の決定的な違い、メリット、デメリットを深掘りしていきます。

定義

CEXとDEXについて聞いたことがありますか?

暗号資産の取引となると、多くの人が中央集権型取引所(CEX)と分散型取引所(DEX)という高度な概念に混乱することでしょう。CEXはこの分野の先行企業として明らかに有利ですが、DEXは金融仲介者を排除できるため、暗号の最大公約数的な人たちに支持されています。

「中央集権的」とは、仲介者の介入を意味し、ここでは売り手と買い手の間の取引活動を大規模に調整する取引所(Bitget、Coinbase、Binanceなど)のことを指します。分散化により、登録企業が提供する安全性と保証がなくなり、自由が大きな責任を伴うDEXが誕生した。CEXでは法定通貨と暗号資産の取引、またはその逆が容易ですが、DEXは一般的に法定通貨をサポートしていません。

CEXとDEXでの取引経験

DEXのユーザーは自分の秘密鍵と個人情報を保持します - KYCコンプライアンスは必要ありません。DEX には、オーダーブックシステムを備えたもの(LoopRing、Gnosis Protocol、IDEX)と、革新的な自動マーケットメーカーを備えたもの(このモデルを最初に採用したのは Uniswap)の 2 種類があります。DEXは、上場プロセスがCEXほど厳しくないため、より多くの取引ペアを上場することができます。

分散型金融(DeFi)の急速な進化にもかかわらず、CEXは高い 流動性と安全性により、依然として絶大な人気を誇っています。CEXはオーダーブックシステムを利用して買値と売値を一致させるため、注文が多いほど市場の流動性は高くなります。また、CEXは法定通貨と暗号資産の取引ペアを提供し、取引の完了を保証する役割を担っています。CEXは特に初心者に優しいです。ほとんどの個人投資家は、最初の暗号資産取引を「オンランプ」、つまり簡単に言えば、クレジットカードで行っております。Bitgetは、200万人のユーザー(うち8,000人は毎日アクティブ)と流動性の面で世界第3位の主要な集中型取引プラットフォームの優れた例の1つです。

CEXとDEXの確執

CEXは暗号資産取引の初期から存在し、紛れもなく人気を維持しています。しかし、スマートコントラクトの台頭により、トレーダーは以下のような主要な違いを持つ別の選択肢を得ることができます。

オペレーティング機能

前述のとおり、CEXはオーダーブックシステムを使用し、DEXの大半は自動化されたマーケットメーカー(AMM)を使用して取引を促進します。オーダーブックシステムでは、すべての注文が集められ、動的に、つまりリアルタイムで価格順に並べ替えられます。売り買いされている資産のリストと注文履歴は、すべてのトレーダーに公開され、価格発見と市場の透明性を提供します。

AMMは価格マッチングに革新的なアプローチを採用しています。DEXユーザーは、流動性と取引の実行を現在の注文に頼るのではなく、スマートコントラクトによって作成された流動性プールとやり取りを行います。誰でも自分の暗号資産を流動性プールに預け、インセンティブを得るためにシステムに貢献することができます。資産の価格決定式は、定積関数によって数学的に決定されます。

DEXは機能面でまだCEXに遅れをとっています。DEXの最大の課題の1つは、分散型金融(DeFi)分野におけるダイナミック・プライシング機能を実質的に促進できる条件付き注文の機能です。暗号資産分野の主要取引所であるBitgetは、指値注文機能だけでなく、トリガー注文機能も提供しています。また、DEXを選択する人は、CEXでの法定通貨取引の便利なサポートだけでなく、流動性の優位性を放棄することになります。

取引手数料

CEXの取引手数料は通常、事前に決定され、異なる取引商品によってのみ異なります。例えば、Bitgetの 現物取引の手数料は注文額の0.01%ですが、プラットフォームのネイティブトークンであるBGBで支払うと、20%減額されます。

BGBとそのユーティリティの詳細については、下記ブログをご覧ください。

最もパフォーマンスの高いプラットフォームトークンBGB

取引量

取引量は、特定のプラットフォームにおける活動レベルを測定するため、CEXやDEXの採用指標として機能します。2019年以降、DeFiセクターとDEXプロトコルが急速に拡大しているにもかかわらず、まだ非常に早い段階です。最高時、DEXの月間現物取引量は、CEXの月間取引量の約19%にしか達していません。

ブロックチェーン101:CEX vs DEX image 0

出典:The Block Crypto

リスク

CEXとDEXでの取引は、以下のように異なるリスクを伴います。

a) CEXの場合:CEXユーザーの唯一の懸念は、彼らのカストディアルウォレットです。取引所はすべてのユーザーウォレットの秘密鍵を保持しているため、資産を取引所に預けることに安心感を覚えるはずです。ただし、これはウォレットがハッキングされにくいということでもあり、最悪の場合でも、通常はCEXが提供する保険に請求して損失を補填してもらうことができます。

b) DEXs DEXには、以下のようないくつかの問題点があります。

  • ブラインドサイン(無意識のうちに契約承認してしまうこと)

  • 流動性の欠如

  • 法定通貨のオンランプの欠如

  • 流動性供給者の資産価値が出口で低くなること。

  • スリッページ:提出した価格と ブロックチェーン上で確認された価格との間の価格差

  • ハッキング、バグ、保険の欠如

暗号資産取引所の進化は止まらない

最近の暗号資産の高騰は、機関投資家と個人投資家の両方の関心を集め、今後の主流となるレベルへの導入が期待されています。DeFiは最も革新的な場所ですが、中央集権的な取引所もまた、それに追いつこうとしています。BitgetはCeFiとDeFiを融合させたユニークなソリューションで、ユーザーはリスクや規制を心配することなくDEXの利点を享受することができます。私たちは、米国、カナダ、オーストラリアという規制の厳しい地域で運営ライセンスを取得しています。セキュリティ問題に関しては、Bitgetはホットウォレットとコールドウォレットの分離による全体的なリスクコントロールプロセスを実施しており、これはセキュリティ技術のビッグネームであるSuntwin Technology、Qingsong Cloud Security、HEAP、Armorsなどのサポートを受けています。セキュリティとコンプライアンスに重点を置いているため、Crypto Exchange Ranks (CER)のサイバーセキュリティ評価でトップ10に入り、SSL Labsから12のA+評価を獲得しています。

一方、ユーザーは新しくリリースされたBitgetローンチパッドを通じて潜在的なプロジェクトにアクセスし、長く、常に更新されるトークンのリストに触れることができます。私たちのBGBエコシステムはもちろん、ステーキングと取引報酬でユーザーにDeFiの体験をもたらします。もしあなたがこのスペースに初めて参加するのであれば、私たちのカスタマーサービスチームは24時間365日、すべてのステップであなたをサポートすることが可能です

結局、重要なのはトレーダーがいかにシンプルに市場に参入できるかということであり、それが暗号資産の極めて重要な発展と認知を後押ししているのです。Bitgetは間違いなく業界の標準を設定し、より多くのグローバルなユーザーに暗号資産をもたらし続けるでしょう。

暗号資産市場に参入する準備はできましたか?今すぐ登録しましょう!

暗号資産の教育的知識を毎日摂取するために、私たちのチャンネルに参加することを忘れないでください。

Twitter | Telegram | LinkedIn | Youtube | Facebook | Instagram

シェア
link_icon