Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引コピートレード自動売買Bitget EarnWeb3

メタバースの説明:暗号資産とメタバースの関係とは?

iconShare
2022-06-29
メタバースの説明:暗号資産とメタバースの関係とは?

世界で最も急成長している暗号資産デリバティブ取引プラットフォーム「Bitget」へようこそ。

Facebook、Apple、Google、Microsoft、Roblox、Tencent、Baidu...ほとんどのテックジャイアンツはすでにメタバースという、創造的な経済を生み出すことのできるオンライン3Dユニバースに投資しています。今後、数十億人以上の人々が、より一層豊かなメタバースに関わっていくことになるでしょう。

メタバースで仕事をしたり、友人を作ったり、人脈を築いたり、取引をしたりする場合、暗号資産とそれを支える技術であるブロックチェーンは、メタバースでのすべての活動に欠かせないインフラとして機能することになります。

以下の記事では、メタバースにおいて暗号資産が果たす役割と、今後の展開について紹介します。

メタバースとは?

メタバースとは、現実世界と同じようにユーザー同士がつながることができるオンライン上の3次元仮想空間のことです。SF小説家ニール・スティーブンソンが著書「スノウ・クラッシュ」の中で紹介した概念です。

メタバースにおける関わり合いは、今後より豊かなものになっていくでしょう。人々は自分の世界を作り、いつでもどこでも交流でき、直接顔を合わせるように世界中のさまざまな人とバーチャルにつながることができるのです。

VR/ARヘッドセットの力を借りれば、メタバースは拡張現実によって推進されるでしょう。同僚とバーチャル会議をしたり、ブロックチェーンベースの資産を購入・保有したり、レジャーとしてバーチャルゲームに参加したりすることができます。

暗号資産はメタバースの発展にどのように貢献するのか?

メタバースは、ゲームや社交の場だけではありません。暗号資産とブロックチェーン技術の助けを借りて、所有権のデジタル証明、分散型ガバナンス、ピアツーピアのトランザクションを組み合わせた創造的な経済となります。人々は現実世界と同じように、メタバースでお金を稼ぎ、第二の人生を発展させることができます。

メタバースにおいて、どのように私たち個人を認識するのでしょうか?また、個人情報を盗まれないようにするにはどうしたらよいのでしょうか?メタバースで資産を購入する場合、仲介者や規制なしに、どうやって売り手と買い手の権利を保護するのでしょうか?

ブロックチェーン技術により、資産の所有権証明、取引、本人確認、ユーザーの権利などを安全に保護することができます。メタバースは、誰もが参加しやすい環境となるでしょう。

以下では、暗号資産がメタバースの様々な分野でどのように貢献しているかを紹介します。

トランザクション:ゲームプレイヤーが他のプレイヤーと一緒にゲーム内の価値ある資産を購入したい場合、資産を安全に送金できる信頼性の高い通貨が必要です。ビットコインを例にとると、ビットコインの取引はプライバシーとセキュリティが確保されています。ビットコインを使えば、買い手は機密事項である財務情報を開示することなく取引を完了することができます。

一方、すべての暗号資産取引はブロックチェーンに記録されます。このビットコインの取引履歴を追跡することで、所有していないコインを使ったり、コピーを作ったり、取引を元に戻したりすることを阻止することができるのです。

本人確認について: ウォレットは、データがブロックチェーン上に保存されるため、他人が簡単に盗用できないデジタルIDを確立するための最も安全な方法の1つです。

所有権の証明:秘密鍵にアクセスできるウォレットを所有することで、ブロックチェーン上の資産の所有権を即座に証明することができます。例えば、ブロックチェーン上の自分の取引履歴を正確に表示することができます。周知の事実ですが、ブロックチェーンに保存された取引履歴は不可逆的であるため、簡単に変更することはできません。

ガバナンス:イーサリアムの技術を活用し、スマートコントラクトを構築することができます。スマートコントラクトは、いかなる者からの干渉や 管理を受けることなく、契約そのものを管理することができます。中央集権的な組織がなくても、スマートコントラクトの力を借りれば、より公正で透明性の高い環境を作ることができます。

メタバースの未来はどうなるのか?

Facebookは、メタバース構築のビジョンを示すため、社名をFacebookからMetaに変更することを発表した。Apple、Google、Microsoft、Roblox、Tencent、Baiduなどのテックジャイアンツは、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)、プラットフォームなど、メタバースのハードウェアとソフトウェアの両方に投資しています。

結論としては、メタバース上で第二の人生を送ることができるというような成熟したメタバースを見るには、まだ長い時間がかかると思われます。しかし、ブロックチェーンと暗号資産は、メタバースの安定性を維持する強固な基盤になることは間違いないでしょう。

メタバースの未来に興味がある方は、ぜひBitget ローンチパッドをご活用ください。Bitget ローンチパッドでは、2022年のGame-Fiトークンのプロジェクト候補を既に複数立ち上げています。これは、新しい暗号資産プロジェクトやエアドロップを立ち上げるための新しいプラットフォームです。Bitgetの力を活用することで、毎月、より質の高いプロジェクトを発見できるかもしれません。

ブロックチェーンと暗号資産取引情報についてもっと知りたい方は、Bitget Academyのフォローをお忘れなく。暗号資産投資家がより良い取引とより良い生活を楽しめるように、常に有益な情報を提供しています。

今すぐソーシャルメディアに登録しよう!

Twitter | Telegram | LinkedIn | Youtube | Facebook | Instagram