left-back

現物取引とは何か?

Bitgetユーザーの皆様へ

現物取引とは、現在の市場価格で資産を売買し、即座に引き渡しを行うことです。一般的に、トレーダーは、いくつかの小さな取引の組み合わせを通じて、毎日の市場の動きから利益を得るために現物取引を利用します。

暗号資産の現物取引は、集中型取引プラットフォーム(CEX)、分散型取引所(DEX)、およびOTC市場で利用可能です。初心者の方は、TradingViewペーパートレーディングを使用してシミュレーション環境で現物取引の練習を行い、市場の実際の感覚をつかむことができます。暗号資産取引は24時間365日行われており、眠らない市場であることにご注意ください。

CEXs

分散型金融(DeFi)の急速な進化にもかかわらず、CEXは高い流動性と安全性により、依然として絶大な人気を誇っています。CEXは、オーダーブックシステムを利用して買値と売値を一致させるため、注文が多いほど市場の流動性が高くなります。また、CEXは法定通貨と暗号資産の取引ペアを提供し、取引の完了を保証する役割を担っています。CEXは特に初心者に優しい。ほとんどの個人投資家は、最初の暗号資産取引を「オンランプ」、つまり簡単に言えばクレジットカードで行っているのである。Bitgetは200万人のユーザーを持つ主要な暗号資産現物取引であり、流動性の面では第3位にランクされています。

DEXs

非中央集権の支持者は、DEXがカストディアンでないことを好んでいます。ウォレットの所有者は自分の秘密鍵と個人情報を保持し、KYCコンプライアンスは必要ありません。DEXには、オーダーブックシステム(LoopRing、Gnosis ProtocolまたはIDEX)を備えたものと、革新的な自動マーケットメーカーを備えたものの2つのタイプがあります。DEXは、CEXほど上場手続きが厳しくないため、より多くの取引ペアを上場させることができます。

しかし、DEXの問題点として、ブラインドサイン(知らないうちに契約が承認されてしまう)、流動性の欠如、スリッページ(提出した価格とブロックチェーン上で確認された価格との差)などがあります。

Bitget チーム