left-back

Bitget 現物証拠金取引総合マニュアル

Bitgetが提供するデリバティブの中心的存在である信用取引ですが、この度、現物トレーダーも当社の信用取引サービスを利用できるようになりました。レバレッジを活用することで、投資家やトレーダーは多額の資金を持たずに利益を拡大することができますが、当然ながら損失も拡大するため、現物取引の仕組みやリスクを正確に把握することが望まれます。今回は、Bitgetの最新プロダクトを紹介し、より成功するトレーダーへの道筋を探ってみたいと思います。


信用取引とは何ですか、どのような仕組みですか?


信用取引

信用取引は、利益を拡大するために投資または取引するお金または暗号資産の合計を借りるプロセスを説明します。借入を通じて持っている資本の量を増やすことで、最初は手元に多くの資本を保有することなく、収益の量を増やすことができます。しかし、借りた金額を保証するために、トレーダーは担保となる入金をする必要があります。また、利益が大きく増幅される一方で、損失が大きくなる可能性があることも重要です。ポジションを開いている間は、維持証拠金を維持し、マージンコールがあった場合はそれに応じる必要があります。お客様のリスク比率が高くなりすぎた場合、Bitgetはお客様の返済額を満たすために、一部または全部のポジションを強制的に清算する権利を行使することができます。


ロングで買うか、ショートで売るか

マージンは、現物取引におけるロングとショートの両方のポジションで機能します。ロングポジションの場合、BitgetはUSDTのクロスマージンモードで3倍、分離マージンモードで10倍の最大レバレッジを提供します。そして、その合計額でご希望の暗号資産を購入し、価格が上昇するまで保有し、その後、売却して利益を得ることができます。空売りの場合、当取引所は代わりにお客様が空売りしようとしている暗号資産を貸し出しますので、お客様が借りた合計金額はかなり大きくなります。価格が下落した場合、そのトークンを買い戻し、利益を得ることができます。

分離マージンモードとクロスマージンモード

信用取引では、主に分離マージンとクロスマージンの2つの証拠金モードがあります。分離マージンでは、証拠金プールを1つのポジションに限定しているため、保有する他のポジションにマージンコールが発生した場合でも、他の分離マージンポジションには影響が及びません。このモードでは、分離マージンポジションに対するマージンコールが発生した場合、その特定のポジションのみが決済されるため、より柔軟で、より確実なリスクエクスポージャーを提供できる利点があります。

一方、クロスマージンは、大きな証拠金プールを使用し、保有する多数のポジションに適用されます。証拠金はポートフォリオ全体に割り当てることができるため、突然の清算にさらされることがなく、個々のポジションから生じる損失をより軽減することができます。しかし、マージンコールが発生した場合、ブローカーまたは取引所は、そのコールが満たされるまで、すべてのポジションを決済することができます。

Bitget現物証拠金取引では、分離マージンポジションで10倍、クロスマージンポジションで3倍のレバレッジに達することができます。必要な初期証拠金とその後の維持証拠金率は、レバレッジの段階によって異なります。


金利について

信用取引では、金額を借りることになるので、借入返済には金利がかかります。あるポジションに対して支払うべき金利は、以下の計算式で算出されます:

初回の利息計算は1時間分を満額とし、以降は1時間単位で更新されます。最終的な返済時間が1時間より前の場合も、1時間分を基準に計算されます。



借入レバレッジの価格変動

借入可能なレバレッジの額は、お客様の証拠金モード、初期担保、その他の要因によって異なります。市場の変動により借入可能なレバレッジが変化するのを防ぐため、Bitgetは借入可能額を計算する前に、利用可能なレバレッジから特定の暗号資産の一般的な価格変動率を差し引きます。このようにして、レバレッジ注文が失敗するリスクを低減します。

自動借入返済と手動借入返済について

Bitgetの現物証拠金取引サービスでは、お客様の取引をより便利にするために、自動借入・自動返済機能を提供しています。これは、お客様が注文を行う際に借入可能額を自動的に計算し、ポジションを決済する際に借入返済を行う機能です。また、これらの手続きを手動で行うことも可能です。

返済はすべて借りた暗号資産で行う必要があり、金額そのものよりも利息が先に返済されます。


清算とマージンコール

リスク比率の算出

Bitgetで現物証拠金取引を行う場合、一般的に2つのシナリオがあり、あなたの口座とポジションは、あなたの負債を満たすために、清算される可能性があります。最初のシナリオは、リスク比率に関するもので、以下の式で計算されます(負債総額と純資産の計算式は、下記をご参照ください):


比率が1以上になると、プラットフォームは自動的にお客様の証拠金口座から資金を引き落とし、借入を返済することになります。残高が返済額を下回る場合は、強制清算が行われます。

維持証拠金と証拠金口座の値

マージンコールを回避するためには、投資家はリスク比率を1未満に抑えた上で、取引所が定める維持証拠金をカバーするための十分な資金を口座に有していなければなりません。必要な維持証拠金は一般的に初期証拠金よりも低く、ブローカーまたは取引所が定める証拠金率に依存します。マージンコールを回避するために口座にいくら必要かを正確に計算するには、次の式を使用します:

お客様の口座の価値が必要な維持証拠金を下回ると、Bitgetはマージンコールを発行します。その後、キャッシュフローが維持証拠金を満たすまで、口座に新しい資本を注入するか、特定のポジションを決済することにより、短期間で呼び出しに対応することができます。

負債および純資産の合計

純資産と有利子負債総額を把握することで、現物信用取引におけるリスクをより適切に処理することができます。一般的に、純資産はこのように計算されます:


総負債は以下の式で計算できます:

信用保険基金

Bitgetは、マージンコールや清算時にトレーダーが被る損失を補填するための信用保険基金を保有しています。この保険金は、清算手数料と現物証拠金取引による収入で賄われ、万一、投資家が証拠金貸付と利息を返済できなくなった場合に備えています。これにより、ユーザーが過大な損失を被り、自己資本がマイナスになることを防ぐことができます。



証拠金清算価格と清算手数料

リスク比率が1以上になった場合、Bitgetは返済のために証拠金口座から資金の引き落としと資産の整理を開始します。ほとんどの場合、お客様のポジションがリスクを軽減するためにカバーできる場合、Bitgetはお客様のリスク比率が1以下に戻るまで、その一部を決済します。このシナリオの計算式は以下の通りです:


市場環境が極端に変動している場合、またはお客様の金利が高くなりすぎた場合、Bitgetはお客様の負債を満たすために、お客様の信用取引口座全体を強制的に清算する決定を下します。強制清算は、以下の2つの計算式で行われます:


また、強制清算の際には、清算整理手数料として、分離マージンタイプでは清算対象資産の2%、クロスマージンタイプでは維持証拠金の8%に相当する金額をお支払いいただく必要があります。この清算手数料は、前述のとおり、ユーザーが過大な損失を被ることを防止するための証拠金保険料として充当されます。また、お客様の証拠金口座全体の価値が10USDT以下になった場合、強制清算を行いますので、ご注意ください。

スリッページの変動

市場のボラティリティや為替レートの変動により、一部の取引ではスリッページの影響を受ける可能性があります。お客様の注文を受け、市場の最良の買い付け価格が当社の提示価格と一致した場合、スリッページは発生しません。しかし、注文を受けてから約定するまでの間に、買い付け価格が上下した場合には、スリッページ手数料が発生します。買値が下降した場合、プラスのスリッページが発生し、約定代金が安くなるメリットがあります。逆に、買値が下降した場合は、マイナスのスリッページの影響を受け、約定代金が高くなります。すべては市場の状況に依存するため、スリッページ手数料は、一定期間中の特定の暗号資産の平均変動率に基づいて計算されます。スリッページ手数料は、お客様の信用取引口座のリスク比率が1より大きい場合にのみ課金されます。

Bitget チーム