Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引コピートレード自動売買Bitget EarnWeb3

BGBのホワイトペーパーが更新され、新しいユーティリティとバーンメカニズムの計画が明らかになりました

プレスリリース
BGBのホワイトペーパーが更新され、新しいユーティリティとバーンメカニズムの計画が明らかになりました

セーシェル共和国ビクトリア - 仮想通貨デリバティブとコピートレードのトッププラットフォームであるBitgetは、ネイティブトークンBGBのホワイトペーパーのアップデート版をリリースしました。この新しい文書は、BGBがBitgetプラットフォームの枠組みの中で実用資産として提供する利点と、保有者が期待できる利益を概説したものです。

今回更新されたBGBトークンのホワイトペーパーでは、資産の開発ロードマップが明らかにされ、そのベースとなるユースケースのシナリオやエコノミクスが概説されています。資産の革新的な側面は、BGBホルダーにさらなる利益をもたらすことを目的とした、開発中の多くのユーティリティを含め、文書全体で全て説明されています。具体的には、「BGB抽選」「先物ボーナス」「出金手数料ゼロ」「限定Earnサービス」などが挙げられます。トークンの経済的側面として、トークンの流通供給量を減らし、最終的にトークンの価値を高めるために、BGBのバイバッグとバーンの仕組みも検討されています。

BGBのホワイトペーパーの最新版は、取引所がネイティブプラットフォームトークンの新しいユーティリティを導入する計画を紹介するだけでなく、将来の開発経路についても概説しています。Bitgetは、 コピートレード市場へのさらなる参入を目指し、DeFiとCeFiの両方を自社のプラットフォームに統合します。この統合により、ユーザーの皆様には、より幅広い金融商品・サービスを提供し、シームレスでより強固なトレーディング体験を提供します。

BGBは、Bitgetのエコシステムにおいて重要な役割を果たすユーティリティトークンです。BGBコインの流通量は14億枚、総供給量は20億枚で、手数料の割引、高品質なトークンを入手できるローンチパッドやローンチプールサービスへの参加機会、プロジェクトリストへの投票など、Bitgetの取引所での限定特典や様々な権利をユーザーに提供しています。BGBトークンのローンチは、仮想貨のエコシステムはシンプルで安全、そして世界中の誰もがアクセスできるものであるべきだという信念に基づくものです。

BitgetのマネージングディレクターであるGracy Chenは、このアップデートについて次のようにコメントしています:

更新されたBGBトークンホワイトペーパーをリリースできることを嬉しく思います。これは、今後のユーティリティの計画と、Bitgetエコシステム内の強力なツールとしてこのネイティブトークンを強化するという私たちの野心を概説しています。私たちは、 仮想通貨エコシステムはシンプルで安全で、世界中の誰もがアクセスできるものであるべきだと信じており、BGBを強化し、サービスを拡大するための継続的な取り組みを通じて、このビジョンを実現することに取り組んでいます。Bitgetは、BGBのユースケースとイノベーションと統合する商品とサービスのラインナップを拡大し続け、ユーザーに限定特典と権利へのアクセスを提供していきます。

BGBは過去数か月で目覚ましいパフォーマンスを発揮し、今年2月に史上最高の0.51ドルに達し、取引量の面でも最大500%の成長を達成しました。Coingeckoによると、時価総額で9番目に大きいCEXトークンであり、24時間のボリュームは1,000万です。

Bitgetについて

2018年に設立されたBitgetは、BTCUSDT">先物取引やコピートレードサービスを主な特徴とする世界有数の仮想通貨取引所です。100を超える国と地域で800万人を超えるユーザーにサービスを提供しているBitgetは、安全なワンストップ取引ソリューションを提供することでユーザーがよりスマートに取引できるよう支援しています。Bitgetは、アルゼンチンの伝説的サッカー選手であるリオネル・メッシ、イタリアを代表するサッカーチームであるユベントス、eスポーツの公式イベント主催者であるPGLなど、信頼できるパートナーとのコラボレーションを通じて、仮想通貨を受け入れる個人を応援しています。また、Coingeckoによると、Bitgetは現在トップ5の先物取引所でありトップ10のBTCUSDT">現物取引所です。

詳細についてはこちらをご参照ください: ウェブサイト | ツイッター | テレグラム | リンクトイン | ディスコード

メディアからのお問い合わせ先: media@bitget.com

larkLogo2023-06-02
Recommended