Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引コピートレード自動売買Bitget EarnWeb3

初心者のための仮想通貨取引用語集

iconShare
2023-05-25
初心者のための仮想通貨取引用語集

新しい投資家にとって、 仮想通貨取引は不可解なものです。プロはそう思わないかもしれませんが、新卒の初出勤の日を思い返してみると、ほとんどの人が初心者の気持ちを理解できると思います。ご安心ください。仮想通貨投資は難しい科学ではありません。ここではそれらをシンプルに解説します。仮想通貨取引の旅を加速させるために、簡単な用語について見てみましょう。さっそく始めていきましょう!

その他の ブロックチェーンに関する用語は、こちらをご覧ください。

A

アービトラージ

仮想通貨のアービトラージ取引とは、仮想通貨を売買し、仮想通貨が取引されている取引所間の価格差から利益を得る金融戦略のことです。

オールタイムハイ(ATH)/オールタイムロー(ATL)

これは、特定の資産に対してこれまでに支払われた最高または最低の価格です。

売値

売値は、人々が資産を売却しようとする価格です。

平均方向性指数(ADX)

トレンドの方向性にかかわらず、その強さを測るためにADXが使われます。

蓄積/配信ライン

蓄積/配信ライン(A/D)は、期間内のレンジのどの位置で売買されているかを調べ、その数値に出来高を掛けて資産の需給を判断するものです。A/D指標は累積されるため、その値は前期間の値に加算または減算されます。



B

買値

買い手が資産に対して支払うことを望んでいる金額のことです。



強気相場

強気相場とは、市場価格が全般的に上昇傾向にあり、世間一般の認識が肯定的である期間と定義されます。

弱気相場

弱気相場とは、強気相場の逆で、市場価格が下落しているように見えるため、期待値がマイナスになることをいいます。

買い注文/売り注文

買い注文は、ビッドとも呼ばれ、ある資産を特定の価格で購入したい場合に作成されます。ある資産を特定の価格で売りたい場合、売り注文を出しますが、これはアスクとも呼ばれます。

押し目買い (BTFD)

仮想通貨のボラティリティは、その最大の欠点です。その価値は頻繁に変動し、高値と安値の間で日常的に踊らされることになります。BTFD、つまりBuy The Fucking Dipは、不注意な 仮想通貨投資家にとって危険な戦略です。これは、仮想通貨が下落するたびに購入することを指します。この唯一の目的は、将来的に大きな利益を得ることを期待して、与えられた金額で仮想通貨の量を最大化していくことです。

BUIDL

「HODL」と同様、「BUIDL」も専門用語です。仮想通貨の投資手法の一つで、投資家は現在のシステムを積極的に開発・追加し、その地位を高めることが求められることを意味します。BUIDLはHODLほど有名ではありませんが、それでも仮想通貨の世界では様々なグループで頻繁に採用されています。

C

コピートレード

コピートレードとは、他の投資家(プロのトレーダーや専門家と見なされることが多い)と同じポジションを先物市場で持つことを指します。

仮想通貨ポートフォリオ

トレーダーや投資家の仮想通貨のコレクションは、仮想通貨ポートフォリオと呼ばれています。 アルトコインや仮想通貨金融商品は、他の様々な資産と一緒にポートフォリオに組み込まれることが多くあります。

ローソク足チャート

ローソク足チャートは、トレーダーがあらゆる市場の値動きを予測するために使用する複数のローソクの集合体です。

集中型 仮想通貨取引所

集中型とは、企業によって構築され、運営されている仮想通貨取引所を指します。これらの取引所は、単一の組織がすべての取引を管理し、取引所のガイドラインや手数料を確立するため、集中的と見なされます。 例えば、Bitget取引所がこれに当てはまります。

相関性

2つのデータの間にある関係の方向と強さを示すために、相関と呼ばれる統計的尺度が使われます。この2組の数値は、金融の文脈では、株式、商品、通貨、市場指数、仮想通貨など、2つの資産の価格であることが多いです。

Coin-M 先物

COIN-Margined Contractsと呼ばれるデリバティブの一種は、それが表す原資産の仮想通貨からその価値を導き出すものです。これらの金融商品は、仮想通貨を実際に所有することなく、仮想通貨を体験できる機会の一つです。

D

Do Your Own Research (DYOR)

自分で調べること。これは、仮想通貨のインフルエンサーが他の投資家への警告として頻繁に使用され、自分自身で調査することに勝るデューデリジェンス(事前調査)はないです。仮想通貨のインフルエンサーとメディアは、異なる動機や目的を持っている可能性があることを覚えておくことが重要です。

デイトレ

デイトレードは、同じ取引日に金融商品を売買することです。

ドルコスト平均法 (DCA)

価格に関係なく、ドルコスト平均法は、あらかじめ決められた期間、一定の間隔で同じ金額を対象資産に投資することです。投資家は、ドルコスト平均法を採用することで、1単位あたりの平均コストを下げ、ポートフォリオへのボラティリティの影響を軽減することができます。

E

ERC-20

ERC-20は、最も広く使われている仮想通貨トークンの規格で、イーサリアムネットワークで使用されています。開発者は、既存のインフラと互換性のあるデジタル通貨を即座に簡単に作成することできます。

ERC-721

これはイーサリアムネットワークのNFT(Non-Fungible Token)規格です。偽造不可能なオンリーワンのトークンの作成が可能です。現実世界のユニークなアイテムをトークン化したり、デジタルコレクタブルアイテムやゲームアイテムを作成するために使用することができます。

イーサリアム仮想マシン(EVM)

世界的なブロックチェーンベースのコンピュータは、基本的にEthereum Virtual Machine(EVM)です。プログラマーに、イーサリアムネットワークのための分散型、トラストレスなアプリケーションを構築するためのランタイム環境を提供するものです。

F

法定通貨

法定通貨は、従来の金融エコシステムの中に存在するお金です。例えばユーロや米ドルは法定通貨にあたります。 ブロックチェーンの世界で法定通貨を扱うには、通常、集中型のエンティティに資金を預ける必要があります。

Fear of Missing Out (FOMO)

FOMO(Fear of Miss Out)とは、社会不安の一種でFOMOを感じている本人が楽しんでいないのに、他の人がそのイベントを楽しんでいる、あるいは利益を得ているという認識によって引き起こされます。仮想通貨市場では通常、所有していないトークンが爆発的な価格上昇をするのを見ることを指します。

FUD

恐怖(Fear)、不確実性(uncertainty)、疑念(doubt) - 通常、市場を悲観的にとらえる可能性の高い情報を指します。

ファンダメンタル分析(FA)

資産の価値を判断し、将来のパフォーマンスを予測する方法です。仮想通貨プロジェクトの文脈では、製品の技術的・革新的価値、それを支えるチーム、あるいはトークン配布モデルとその使用例などの要素を考慮します。

先物取引

先物取引は、仮想通貨などの資産を実際に所有することなく、その価値に投機する方法です。仮想通貨先物は、商品先物や株式先物と同様に、トレーダーがデジタル通貨の将来の価値に投機することを可能にします。

G

グリッド取引

グリッド取引とは、あらかじめ決められた価格の上下に注文を出すことで、価格が段階的に上昇・下落する注文をグリッド状に並べる取引です。外国為替市場は、グリッド取引のイメージが強いです。

H

高値/安値

24時間の取引サイクルの文脈では、高値とは、24時間の間にビットコインまたは他の資産が到達した最高値を指します。一方、安値とは、24時間の取引サイクルの中で、特定の資産が到達した最安値のことを指します。

半減期

ビットコインマイニングのブロック報酬は、半減するたびに50%ずつ減少します。半減期は、前回から21万ブロックがマイニングされた後に発生し、およそ4年に1度発生します。ビットコインネットワークは、50BTCのブロック報酬で始まり、3回の半減期を経て、現在は1ブロックあたり6.25BTCの水準にあります。

HODL

HODLとは、現在の市場トレンドに逆行するような、仮想通貨を売却しない行為を指します。HODLによって、ユーザーは、下落の兆しが見えたらすぐに売ってしまう弱気トレーダーと、正確に値決めできる賢いトレーダーを区別することができます。その中間がHODLしかしない普通のトレーダーです。

I

インパーマネントロス

機会損失は、インパーマネントロスを定義するのに適した方法です。インパーマネントロスは、あるプールに 流動性を提供したときに、そのプール内の資産の価値が変化したときに起こります。



K

Kライン

Kラインは、1日の通貨の変動を表すもので、終値、始値、高値、安値に加え、価格差の大きさを表示します。



KDJ インジケーター

KDJインジケーターと呼ばれるテクニカル指標は、取引される資産の値動き動向や価格パターンの変化を評価し予測するために使用されます。ランダムインデックスは、KDJインジケータの別名です。短期的な株式/仮想通貨市場のトレンド分析に頻繁に適用される、非常に有用なテクニカル指標です。

L

リニアディスプレイ

リニアプライススケールは、算術とも呼ばれ、指定された価格を等距離の間隔で使用することにより、Y軸上に価格を表現します。

台帳

台帳とは、取引データベースのことです。仮想通貨でいう台帳とは、ブロックチェーン上に保存された特定の仮想通貨の取引履歴のことです。

流動性

流動性には2種類あります。最も一般的に使われる意味としては、仮想通貨が自由に売買できることです。分散型取引所の流動性プールで取引可能な仮想通貨の数を指すこともあります。

指値注文

特定の価格以上で資産を売買する取引所注文のことです。買い注文は、目標価格以下で約定します。売り注文は、目標価格以上で約定します。

M

マージン取引

借り入れた資金を利用する取引戦略です。従来の取引と比較した場合、トレーダーはポジションにレバレッジをかけ、利益を最大化できる一方で、より高いリスクを負うことになります。

マージンモード:分離マージン vsクロスマージン

クロスマージン:同じ決済仮想通貨を使用する2つの保有ポジションがある場合、マージンは共有されます。

清算を避けるため、ポジションは必要に応じて、当該仮想通貨の総口座残高から多くのマージンを引き出すことができます。

分離マージン:ポジションの割り当てマージンは一定額に制限されています。

マーケットキャップ

時価総額のことです。資産とその市場の総価値は、資産の価格と循環供給量を掛け合わせたもので表されます。プロジェクトの成功を評価するために頻繁に使用されます。

マイニングプール

マイニングプールとは、計算力やハッシュパワーをプールしているマイナーの集合体です。プルーフ・オブ・ワーク型ブロックチェーンのマイナーは、新しい有効なブロックを最初に作成することを競うため、プーリングはこれらの参加者のマイニング利益の増加または均衡を支援することができます。

移動平均線(MA)

テクニカル分析で広く採用されている指標に、移動平均線(MA)があります。継続的に更新される平均価格を作成し、価格データの平準化を支援します。移動平均線が上昇していればその通貨は上昇トレンドにあり、逆に移動平均線が低下していれば下降トレンドにあると言えます。



MVRV Z-スコア

ビットコインのMVRV Z-スコアは、市場価値(価格をビットコインの総量で割ったもの)と実現価値(各コインが最後にいくらで売られたか)の2つの値に基づいています。Zスコアの手法は、ビットコインがその価格の上で取引されているか、下で取引されているかによって、購入や売却のタイミングを判断することができます。

N



ネットワーク手数料

あなたの取引がビットコインまたはイーサリアムのネットワーク上で処理される場合、あなたはネットワーク手数料を支払う必要があります。この手数料は、マイナーやバリデーターなどのネットワーク参加者がトランザクションを処理し、ネットワークのセキュリティに協力することへの報奨として使用されます。

ネットワーク価値対トランザクション比率(NVT比率)

NVT(Network Value to Transaction)指標は、送金量と時価総額がどのように関連しているかを示すものです。仮想通貨のPER(Price to Earnings Ratio:株価収益率)は、その通称です。

P

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、物理的に紙で保管する仮想通貨ウォレットのことです。これらのウォレットの目的は、秘密鍵の露出を最小限に抑えることです。これは「コールドストレージ」の一種で、ハッキングや攻撃を受ける可能性のあるインターネットに接続されたデバイスからは秘密鍵にアクセスできないようになっています。ペーパーウォレットは、集中型(中央集権型)のウェブサイトとGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)を使用する必要があり、他の中央集権的なサービスと同様に安全でなく攻撃されやすいため、仮想通貨を保管する方法としては安全ではないと広く認識されています。

R

投資収益率 (ROI)

ROI(Return on Investment)とは、資産運用の効果を評価するための金銭的な指標です。時間の経過とともに、投資の価値がどれだけ高まったかを測る指標となるものです。



相対力指数(RSI)

相対力指数(RSI)は、資産や仮想通貨が買われすぎたり売られすぎたりするタイミングを示すモメンタム指標です。RSIは一言で言えば、相反する2つの値の間の高値と安値のバンド(HLバンド)を決定しながら、価格変動の量とペースを計算するオシレータです。

‌S

現物取引

現物取引は、現在の市場レートで仮想通貨を購入・売却し、利益を得ることを目的としています。

ステーク

仮想通貨をロックして、報酬や利息を受け取ることができる、仮想通貨ステーキングと呼ばれる手法です。

ショート

後で安い価格で買い戻すことを意図して仮想通貨を売却することを、仮想通貨ショートといいます。

ソーシャルトレード

仮想通貨ソーシャルトレードと呼ばれる投資形態は、投資家がより熟練した仮想通貨トレーダーの取引方法をコピーすることを可能にします。

サポートとレジスタンス

サポートとレジスタンスとは、取引チャート上で、売買が活発に行われる価格帯(グラフのエリア)のことです。資産価格の下落が止まる水準をサポートといいます。一方、レジスタンスとは、資産の価格が上昇しなくなるポイントのことです。

T

トークノミクス

トークンの経済学は、トークノミクスと呼ばれています。

トークンの生産と流通、需要と供給、インセンティブシステム、トークンのバーンスケジュールなど、トークンの使用と価値に影響を与える要素について概説しています。

テクニカル分析(TA)

テクニカル分析とは、価格チャートを分析し、様々な市場指標を用いて、市場の状態を判断することです。テクニカル分析を駆使して将来の相場の動きを予測したい熟練トレーダーにとっては、複雑なテーマです。

テストネット

EthereumやBinance Smart Chainなどのスマートコントラクトプラットフォームは、開発者にテストネットと呼ばれるテスト環境を提供し、そこでスマートコントラクトをデプロイしてテストすることができます。これらのテスト環境は通常、メインネットワークと同じように動作しますが、使用される仮想通貨は無価値であり、テストネットの供給者から無料で入手することができます。

トークン

トークンは、一般的にコインとは異なり、スマートコントラクトをEthereumブロックチェーンに展開することで発行されたトークンを表すために使用されます。現在、数千のトークンが存在し、時価総額上位100の仮想通貨の多くがEthereumトークンです。

TradingView

TradingViewは、トレーダーや投資家のためのソーシャルネットワークとマルチプラットフォーム・チャート・サービスです。仮想通貨を含む数百種類の資産の価格チャートをモニターしたり、市場のアイデアを共有したり議論したりすることができます。

U

未使用トランザクションアウトプット(UTXO)

仮想通貨ネットワークでは、ウォレットの残高は、100BTCの残高というような変数として保存されることはありません。UTXOは、ウォレット上で行われたすべてのトランザクションの合計で残った未使用の仮想通貨の単位であるためです。アドレスのUTXOの合計は、ウォレットの利用可能残高に等しくなります。

最小単位

仮想通貨の最小単位とは、各仮想通貨あたりの価格のことです。

USDT-マージン/USDC-マージン先物

デジタル資産デリバティブの一種として、USDT/USDCマージン先物というものがあります。

ユーザーは自分の意見に応じて、ロングポジションやショートポジションを取ることで、デジタル資産の価値の上昇や下落から利益を得ることができます。

V

バリデーター

バリデーターとは、受信したトランザクションを検証するブロックチェーンネットワークの参加者のことです。バリデーターは、マイナーの代わりにプルーフ・オブ・ステーク・プラットフォームで使用され、ブロックチェーンの整合性と安全性を維持するのに役立ち、その努力に応じた報酬を受け取ることができます。ネットワークは、新しいブロックを検証するバリデーターを、彼らがネットワークにステークしている仮想通貨の量に基づいて選びます。

ボラティリティ

ボラティリティとは、安定性の裏返しで、資産の価格が変動しやすいことを指します。ビットコインやその他の仮想通貨は、このような若い市場で予想されるように、不安定であることが知られており、これは仮想通貨トレーダーにとって最大の欠点となり得ます。

W

ウォレット

仮想通貨の所有者は、秘密鍵を管理するためのツールとして、また取引用のインターフェースとしてウォレットを使用します。ウォレットは今では、カストディアルでもノンカストディアルでもあり、ハードウェアとソフトウェアがあります。ここでの本質的なポイントは、ユーザーが自分の秘密鍵を完全に管理できているかどうかということです。

クジラ

「クジラ」とは、機関投資家からヘッジファンド、あるいは富裕層の個人まで、仮想通貨市場の主要プレイヤーを指す口語表現です。



Y

イールドファーミング

イールドファーミングとは、利子などの利益と引き換えに仮想通貨を貸し出したり、ステークしたりすることです。イールドファーマーは、そのリターンを計算するために、APY(annual percentage yields)を使用します。

Z

0承認

ブロックチェーンにまだ記録されていない確定した取引のことです。



24時間取引高

指定された期間内 (多くの場合24時間) に取引が行われたコインの量が、仮想通貨の取引量となります。言い換えれば、1日に完了したすべての売買の価値は、仮想通貨の24時間取引量に反映されます。



以上、最も頻繁に使用される仮想通貨用語のいくつかを初心者向けに説明するというささやかな試みでした。やはり1つの記事で紹介するには多すぎて、カバーしきれません。しかしながら、この基本的ないくつかの用語が仮想通貨の旅を始めるのに十分であることを願っています。

Bitgetアカデミーをフォローして、仮想通貨取引に関する洞察をさらに深めましょう:

Twitter | Telegram | LinkedIn | Youtube | Facebook | Instagram