Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引先物コピートレード自動売買Bitget Earn
ブロックチェーン
Bitcoinブロックサイズ戦争 - 休戦のない内戦

Bitcoinブロックサイズ戦争 - 休戦のない内戦

新規ユーザー
2023-05-31 | 5m

Bitcoin ブロックサイズ戦争は、過去数年間、Bitcoin コミュニティで最も論争になっている議論の1つです。この問題の核心は、より多くの取引と採用に対応するために Bitcoinがどのように拡張されるべきか、というスケーラビリティにあります。一方の派閥(「大ブロック派」)は、すべての取引データを含むブロックのサイズを大きくして、より高いスループットを可能にすべきであると考えています。もう一方の派閥は、「小ブロック派」で、分散化とセキュリティを優先するためにブロックサイズを小さくするべきだと考えています。

ブロックサイズの歴史

2010年に、サトシ・ナカモトはBitcoinに1MBの一見任意に見えるブロックサイズ制限を追加しました。彼らの匿名性は、この決定とその意図に、さらに別の謎を加えることになりました。これは、 Bitcoinブロックチェーンがパーミッション・レスであり続けるための追加保険であり、参加者が第三者なしでネットワークに参加するためにすべてのブロックデータをダウンロードする必要があるため、低い参入障壁を維持するためであると多くの人が推測しています。

Bitcoinが数年で有名になるにつれ、1MBのブロックはすぐに大きなハードルとなりました。これらのブロックは約10分ごとに確認されますが、それぞれ1,500〜3,000の取引しか含まれていません。ガス代がどんどん高くなるにつれて、より多くの取引がメモリープールに行列を作り、貴重なブロックスペースを競い合うようになります。すぐに別の声も出てきました。

「大ブロック派」は、ブロックサイズを2MBや4MBに拡大すれば、各ブロックでより多くの取引が可能になり、遅延が減少すると主張しました。スループットの向上は、Bitcoinが世界的な通貨や決済手段になるための道筋をつけることになるのは間違いなく、小ブロック派にとっても願ってもないことでしょう。

しかし、一方の派閥は、ブロックサイズが大きくなると、小規模なマイナーやノードがネットワークについていけなくなるため、分散化のリスクになると主張しました。小規模なプレイヤーが値崩れすると、大規模なマイニングプールに権力が集中することを懸念していました。また、スケーラビリティの問題を解決するためにブロックサイズを大きくすることは、薪を大量に積んで火を鎮火させようとするようなものだと考える人もいました。また、より良いブロックスペースの使用や他のスケーリングソリューションを追求する代わりに、これをあらゆる問題に対する特効薬とみなす怠惰なデベロッパーを生み出すかもしれません。

お粗末な妥協案

2016年、 香港合意は、2つの派閥が最終的に共通点を見つけたことを示すのに十分な妥協案のように見えました。Segregated Witness(SegWit)の実装により、ブロックからトランザクションに対する署名が削除され、データサイズが縮小されました。この合意には、ブロックサイズを2MB程度に拡大することも含まれていました。大ブロック派はこの決定を応援することができ、小ブロック派のはより効率的なブロックスペースの利用を喜べるはずです。

しかし、その程度ではありませんでした。大ブロック派は、この増量はお粗末な一時しのぎで、すぐに別のサイズの壁にぶつかると考え、小ブロック派は、どんな方法でもブロックサイズを増やすことに断固反対しました。コンセンサスは得られなかったのです。

開発者とエバンジェリストはすぐに他のソリューションを探し始めました。2017年8月、大ブロック派はハードフォークを進め、8MBのブロックサイズでスタートしたBitcoin Cash (BCH)を誕生させた。Bitcoinは1MBのブロックサイズのままでしたが、より多くの取引を可能にするためにSegWitのソフトフォークを採用しました。SegWitは他の最適化を行い、有効ブロックサイズを1.6~2MBに増加させました。

一時的な平和

BCHハードフォーク以降、ブロックサイズ戦争は沈静化しました。ただし、スケーラビリティに関する議論は、BTCコミュニティとBCHコミュニティの両方で続いています。BCHはブロックサイズを32MBに増やしましたが、まだ余剰容量があります。Bitcoinコミュニティは、ライトニングネットワーク、リキッドネットワーク、schnorr署名、その他の最適化などのソリューションの研究を続けて、取引容量を増やしています。また、Ordinal NFTとBRC-20トークンの出現により、Bitcoinの原始的なブロックが再び厳しいテストを受けることになり、Bitcoinがスケーリングソリューションを必要としていることが明らかにされました。

大手ブロッカーも中小ブロッカーも、スケーラビリティと分散化のバランスについて正当な主張をしています。Bitcoinの成功を願う善意の役者が双方にいるのです。しかし、最善の道筋をめぐっては、依然として意見の相違があります。ブロックサイズの議論は、Bitcoinのような分散型プロトコルにおけるガバナンスの課題を象徴しています。結局のところ、コンセンサスを得ることは難しく、争いはユーザーがどの機能を支持し、どのコインを評価するかによってのみ解決されるかもしれません。

Bitcoinブロックサイズ戦争 - 休戦のない内戦 image 0