Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引先物コピートレード自動売買Bitget Earn
ブロックチェーン
DeFi(分散型金融)の究極ガイド

DeFi(分散型金融)の究極ガイド

新規ユーザー
2022-06-29 | 5m

2008年の突然の金融危機により、従来の金融システム(CeFi(中央集権型金融))の重大な問題が露呈しました。これらの問題には、詐欺、厳格な規制の欠如、透明性の欠如などが含まれます。人々は従来の政府や銀行システムに対する信頼を失い始めました。

これがきっかけでBitcoinネットワークは誕生し、ブロックチェーン技術の基礎となるピアツーピアの取引システムを第三者による干渉を受けずに提供できるようになりました。

これがDeFi(分散型金融)の始まりです。ブロックチェーン技術を使えば、Bitcoinのネットワーク上で取引を行えるだけでなく、貸し借り、資金調達、債券や株式の発行、さらには資金調達や特定の目標のための独自の暗号資産の作成といった金融活動も行えます!

コーヒーショップを始めたいのに資金難に直面している場合、銀行から資金を調達するために複雑な手続きを行う必要はありません。その代わり、Ethereum上で直接資金を調達し、スマートコントラクトを確立して投資家を集められます。

不可能に聞こえますか?DeFiの可能性を探ってみましょう。

DeFiとは?

分散型金融の略であるDeFiは、銀行や政府といった中央当局が口座管理や取引検証を監督することなく運営され、仲介者が不要の金融システムです。

Bitcoinネットワークのようなブロックチェーン技術を使用すると、取引は世界中の何千ものノードによって検証され、ブロックチェーン上に記録されます。これにより、ユーザーはトラストレスな送金を行えて、潜在的なセキュリティー侵害の懸念をなくすことができます。

DeFiアプリケーションの作成と実行の大部分は、スマートコントラクトに依存しています。スマートコントラクトは、特定の条件が満たされたときにコンピュータプログラムによって実行される自動契約です。

従来の契約とは対照的に、スマートコントラクトは自動的に実行されるため、違反や信頼性の喪失に伴うコストが削減されます。規制を実施するための人員や資源は必要ありません。

スマートコントラクトは、DeFiアプリケーション内の両当事者にとってより効率的で安全な環境を促進するため、より多くの取引が安全に行われます。

DeFi

従来のCeFi

誰がシステムを管理していますか?

世界中の何千ものノードによって運営されています。口座管理を行い、取引を検証し、最終的にはブロックチェーン上に保存します。

中央銀行が監督し、通常は政府の認可が必要です。

透明性は十分ですか?

誰もがブロックチェーン上の取引を確認できます。

通常は政府によって規制されていますが、一般公開されていません。

仲介者は必要ですか?

取引を検証する仲介者のいないピアツーピアの金融システムなので、追加の手数料も時間も必要ありません。

銀行は通常、様々な種類の取引を仲介します。銀行間送金の場合、追加手数料が発生したり、取引完了までに数日かかることがあります。

個人情報は必要ですか?

口座開設に、氏名、住所、Eメールなどの個人情報は必要ありません。安全なウォレットを作成するだけでアクセスできます。

口座開設には、氏名、住所、Eメールなどの個人情報が必要です。プライバシー保護のための追加コストが発生するかもしれません。

DeFiプロトコルとは?

世界銀行のデータによると、地球上の17億人以上が銀行口座を持ったことがありません。その主な理由は、政治的リスク、戦争、自然災害などです。つまり、お金を安全に保管できる場所がありません。緊急時や小規模事業を始める際に融資を受ける手段も限られています。国や地域によっては法律や規制がないため、貿易など通常の商取引ができません。

DeFiプロトコルには、120億ドル以上がロックアップされています。この資金は、従来の金融システムでは満たされなかったニーズに対応する自律的なプログラムを開発するために割り当てられます。DeFiプロトコルは、恵まれない人々に対する不十分な金融サービスの問題に取り組むことを目的としています。

現在、DeFiプロトコルの進化によってより幅広い金融商品の導入への道が開かれています。現在のところ、多くのDeFiプロトコルは、多くの注目すべきトークンとプロジェクトを含む複雑なエコシステムの不可欠な部分となっています。

DeFiの実世界での応用可能性

人気のDeFiアプリケーションには以下のようなものがあります。

借入:DeFiの最も人気のあるアプリケーション。即時決済、デジタル資産の購入機能、信用調査不要、個人情報の提供不要など、従来の銀行住宅ローンに申し込むよりも多くの利点があります。

貸付:ブロックチェーンテクノロジーの助けを借りて、暗号化検証方法を通じて信頼リスクを最小限に抑えます。これにより、単に銀行にお金を貯めるよりも、融資をより高い収益率(ROI)の投資に変えられます。

例えば、Ethereum上でスマートコントラクトを作成し、暗号資産の貸し借りを簡単に行えます。借り手が義務を果たせなかった場合、貸し手は資金を取り戻すことができます。

取引:仲介者なしで株式や暗号資産のピアツーピア取引を行うことができます。自分の資産を見知らぬ人と直接売買することができます。

例えば、銀行や政府によって設定されたプロセスを経ることなく、暗号資産ウォレットを作成できます。

資金調達:暗号資産プロジェクトの立ち上げなど、特定の目標を達成したい場合は、株式や収入の分配方法などのスマートコントラクトを構築することで、Ethereumネットワークを介して直接資金を調達できます。

例えば、様々な暗号資産やトークンプロジェクトのイニシャル·コイン·オファリング(ICO)は、一般の人々から直接財政的支援を得るための財政的行動です。Bitget Launchpadは、様々な有望な暗号資産プロジェクトの資金調達を支援するプラットフォームです。

グローバルな取引:グローバルな取引を行う場合、従来の銀行システムでは手数料がかかったり、取引完了までに数日かかったりすることがあります。DeFiシステムでは、いつでも、どこからでも、誰にでも、すぐに余分なコストをかけずに、ピアツーピアの金銭取引を行うことができます。

例えば、BitcoinネットワークやEthereumでは、仲介者なしでピアツーピア取引を実行できます。

利息の獲得:暗号資産の一部を代替貯蓄口座に預けることで、従来の銀行貯蓄口座よりも有利な金利を得られます。

例えば、BGBBitget Token)は、Bitgetのネイティブユーティリティトークンです。USDTの場合、最大8%の金利を提供するBGB Earnでステークして収益を得られます。スマートコントラクトを使えば、利息は自動的に支払われるため、違反のリスクは従来の銀行よりも低くなります。

DeFiが直面する課題

DeFiアプリケーションにはいくつかのリスクが伴います。以下はDeFiが直面する課題です。

取引速度が遅い:ブロックチェーン上の取引を検証するためにプルーフオブワークが必要なため、取引の決済時間が長くなる可能性があります。

取引リスク:DeFiアプリケーションの多くの取引は仲介者なしで行われるため、ユーザーは取引リスクにさらされています。もし取引にミスがあったとしても、ブロックチェーンの性質上、その取引は変更できません。多額の経済的損失を被り、補償を求める手段がない場合もあります。

DeFiアプリケーションは、取引に個人情報の提供は不要でウォレットさえあれば利用できるので、犯罪取引のプラットフォームとして使われる可能性があります。

使い勝手の悪さ:DeFiエコシステムのセキュリティと効率性はともに改善が必要です。DeFiエコシステムへの貢献のために、より多くの人々を惹きつけるキャンペーンや教育活動をさらに実施する必要があります。