Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引コピートレード自動売買Bitget EarnWeb3
ブロックチェーンRWA
現実資産(RWA)について

現実資産(RWA)について

新規ユーザー
2024-04-16 | 10m

現実資産(RWA)に興味がある方は、ぜひこの記事をお読みください。この記事では、物理的な世界とブロックチェーンのギャップを埋め、有形資産をより身近なものにし、BlackRockのような大企業からも大きな注目を集まった現実資産(RWA)についてご紹介します。

RWAとは?

美術品や金、あるいは不動産を所有していることを想定してみましょう。これらの物理的資産をデジタルトークンに変換し、暗号資産と同じようにオンラインで売買や取引ができることを想像してみてください。現実資産(RWA)はこれを実現できます。

RWAは本質的に、デジタル化され、ブロックチェーン上で取引できる、不動産、金、美術品、炭素クレジットなどの「実質」価値を持つ物理的で有形の資産です。トークン化と呼ばれるデジタル化のプロセスによって、これらの資産はデジタルトークンに変換され、たとえ小額であっても取引や投資が容易になります。RWAを利用すれば、ピカソの絵画のデジタルシェアや商業ビルの一部を、その資産を物理的に保有することなく所有することができます。

RWAの仕組み

現実世界の資産をRWAに変換するプロセスは、物理資産のデジタルツインを作成することに似ています。これは主に3つのステップからなります:「オフチェーンでの認証」、「情報ブリッジ」、「RWAプロトコル内での需要と供給」です。

(1) オフチェーンでの認証:現実の資産は、まず物理的な世界で合法化されなければなりません。このステップでは、現実世界の資産の価値、所有権、法的地位を明確に確立し、市場価格、所有者の履歴、法的文書を検討します。これは、資産がデジタル化される前の準備段階です。

(2) 情報ブリッジ:次に、資産のデータがトークン化によってデジタルトークンに変換されます。このトークンは、資産の価値や所有権など、資産に関するすべての重要な情報をメタデータとして保持します。ブロックチェーンの透明性により、誰でもトークンの正当性を確認できます。資産が規制当局の監視下に置かれるシナリオの場合、このステップでは規制技術を組み合わせてコンプライアンスを維持します。

(3) RWAプロトコルの需要と供給:このステップでは、RWAに特化したDeFiプロトコルが活躍し、新たなRWAを市場に導入し、投資家の関心を喚起するのに役立ちます。

簡単に言うと、資産はまずその信頼性と価値について評価および検証され、次にブロックチェーン上でデジタルトークンとして表現され、各トークンは資産の価値の一部を反映します。したがって、RWAを利用すれば、ピカソの絵画のデジタルシェアや商業ビルの一部を、その資産を物理的に保有することなく所有することができます。

RWAは金融の世界における価値観と関わり方を再定義する

RWAの主な利点の1つは細分化であり、現実世界では分割不可能な多くの資産の端数を個人が所有できるようになったことです。これにより、RWAは一般投資家の参入を容易にし、多額の初期資金を必要とせずに幅広いポートフォリオの多様化を可能にします。同時に、現実世界の資産のデジタル化は、従来流動性が低かった資産の流動性を高めます。不動産や美術品などの資産は流通市場で簡単に取引できるため、売り手には資金への迅速なアクセスが提供され、買い手には投資と出口戦略のより多くの機会が提供されます。ブロックチェーン固有の透明性とセキュリティは、各取引と所有権の変更が公開台帳に記録され、改ざん防止が行われるため、この新しい資産をさらに強化します。高い透明性は、詐欺のリスクを減らし、信頼を高め、検証やデューデリジェンス・プロセスに関連するコストを大幅に削減する可能性があります。

ある意味では、資産所有権の概念もRWAとともに進化しています。資産価値の一部を表すデジタルトークンは、所有権の従来の概念を変え、より包括的で適応性のあるものになります。この認識の変化により、より幅広い個人が個人の財務能力や目標に合わせて資産所有権に参加できるようになります。

さらに、RWAは、現実世界の資産の安定性と価値をDeFiの効率と革新性と融合させることで、TradFiとDeFiの間のパイプ役として機能できます。この相互接続は、現実世界の経済価値をDeFiのエコシステムに導入し、エコシステムをより強固なものにするだけでなく、伝統的な金融市場がDeFiの効率性を資産管理やアクセシビリティに活用することを可能にします。

DeFiエコシステムでローンの担保として使用される場合、RWAはリアルタイムの資産管理と融資を促進し、それによって金融成長のための資産活用を変革する能力を持ち、従来の方法と比べてより迅速で効率的なプロセスを提供します。そして、DeFiとブロックチェーンの性質は一般的にボーダレスであり、RWAが提供するグローバルなアクセシビリティにより、世界中の多様な資産への投資が可能になります。これは投資ポートフォリオを多様化させるだけでなく、さまざまな地域にまたがる投資機会へのアクセスを一般化することにも役立ちます。

RWAの発展は、伝統的な投資モデルや所有モデルに挑戦し、より包括的で相互接続された金融の未来への道を開いています。暗号資産支持者の視点から見ると、RWAは安定性、多様性、新たな投資機会をもたらし、有形資産を好む伝統的な投資家にとって、不安定な暗号資産市場をより魅力的なものにしています。

BlackRockがRWA分野に参入

最近のRWA 分野への進出は、TradFiとDeFiの融合における極めて重要な瞬間を示しています。イーサリアム(Ethereum)上のBUIDL(USD Institutional Digital Liquidity Fund)の立ち上げを通じて、資産運用大手はブロックチェーン技術の可能性を認識するだけでなく、デジタル資産を既存の金融エコシステムに統合するための大きな一歩を踏み出しました。ブロックチェーンベースのBUIDLトークンに代表されるこの基金は、現金、米国債、現先取引を活用してトークン保有者に日々の利回りを提供し、伝統的資産の安定性とブロックチェーン技術の革新性と効率性を効果的に融合させています。

BlackRockをはじめとするTradFiの巨頭がデジタル資産のトークン化に参入する影響は大きいです。この動きは、トークン化された資産の評価に関する懸念に対処しながら、開発、イノベーション、安定性を促進し、大きな流動性を注入することが期待されます。一方、TradFiプレーヤーがこの分野に参入することで、ブロックチェーンベースの金融商品を阻害するのではなく、むしろ促進する規制を推進するため、より明確で支持的な規制の枠組みを促進することが期待されます。この規制の進展は、リスクを軽減し、投資家の信頼を構築し、デジタル資産の主流統合を迅速に進めるための鍵となります。さらに、BlackRockとブロックチェーン企業とのコラボレーションは、安全でコンプライアンスに準拠したユーザーフレンドリーなプラットフォームを作成するために不可欠な、従来の金融とブロックチェーン間の相乗効果の必要性を浮き彫りにしています。このような統合の傾向は、金融サービスにおけるブロックチェーン技術の活用を目指し、伝統的な金融とデジタル資産分野の架け橋となるべく、相互学習と潜在的により多くの投資や提携が行われる未来を示唆しています。

まとめ

RWAの暗号資産空間への統合は、伝統的な金融と分散型金融の魅力的な進化を象徴しています。この2つの世界が融合し続ければ、イノベーションと成長の可能性は無限に広がります。BlackRockのようなTradFi大手の支援とブロックチェーン技術の独創的な利用により、RWAは投資、所有権、金融市場の構造に対する理解を再構築する態勢が整っています。超高層ビルの一部分を所有するにせよ、名画の何分の一かを所有するにせよ、かつてないほどアクセスしやすく、安定し、相互接続された投資の未来が到来しています。