Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引コピートレード自動売買Bitget EarnWeb3
市場の最新情報
Bitcoinが40,000ドル突破:マイルストーンと今後の伸び代

Bitcoinが40,000ドル突破:マイルストーンと今後の伸び代

新規ユーザー
2023-12-06 | 5m

時価総額でも知名度でもNo.1の暗号資産Bitcoinが、40,000ドルの壁を突破し、再び世界の注目を集めました。BTCが4万ドルの大台を超えたのは2022年4月以来のことで、これは重要なマイルストーンであると同時に、その回復力および金融界で受け入れられつつある事実の証でもあります。2009年の登場以来、Bitcoinはジェットコースターのような高値と安値を経験し、デジタル通貨の可能性とボラティリティの両方を象徴してきました。最近の40,000ドル超の急騰は、その成長の過程における特筆すべき瞬間であり、この上昇をもたらした要因や、このデジタル資産に将来何がもたらされるのかについての疑問を促しています。

Bitcoinが40,000ドル突破:マイルストーンと今後の伸び代 image 0

2022年3月以降のBTC/USDTチャート

高騰の背景

この歴史的な急騰の背後には直接的な原因はわかりませんが、この1カ月、さらには2023年全体にわたってその勢いは増し続けています。2022年の弱気相場の背景にいる2人、Do Kwon氏とSam Bankman-Fried氏が逮捕および送還され、Bankman-Fried氏はつい1カ月前に陪審員によって有罪と宣告されました。

Bitcoinの現物ETFが初めて取引される見通しとなったことも、急騰の一因となりました。米国証券取引所(SEC)による承認への見込みが強まって以来、BTCは一気に上昇しています。正確な情報はまだありませんが、それ以来、市場の興奮は続いています。Galaxy Digitalは、現物BTC ETFの市場規模について、開始から1年後に14兆ドルという試算を発表したほどです。

米証券取引委員会(SEC)の承認への期待と併せて生じたのは、米連邦準備制度理事会(FRB)による利下げへの期待でした。市場はパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長の最近のコメントをタカ派的ではなく、金融引き締めと経済安定促進との間のバランスの必要性を示唆していると解釈しました。歴史的にみると、金融緩和政策は投機的取引の増加や暗号資産価格の上昇と相関関係があるため、金利低下の見通しはBitcoinにとって好都合です。

もう一つの潜在的な要因は、2024年に予定されているBTCの半減期です。半減期とは、BTCのマイニング難易度を上げる一方で、マイナーの報酬を半減させる仕組みです。2024年に予想されるBTCの半減期の詳細については、トップ10 質問の回答をご参照ください。歴史的に、新しいBitcoinが流通する速度を事実上減速させる半減期は、大幅な価格急騰を引き起こしてきました。次の半減期が近づくにつれ、投資家は同様の値動きを期待してBitcoinを購入するかもしれません。

今後の動向

今後のBitcoinの動向は、依然として強い関心と憶測を集めています。

現物BTC ETFがローンチされると、多くの投資家は保有しているBTCを売却するかもしれませんが、従来の金融セクター、さらには一般大衆からBTCが承認された証だとみなされるかもしれません。資本が暗号資産市場に流れ込むと、BTCの価格に安定と成長がもたらされる可能性もあります。また、米連邦準備制度理事会(FRB)が今後数カ月で利下げ実施すれば、投資家はBTCやその他の暗号資産といった高利回りの資産を求めるでしょう。

さらに、半減期も数カ月後に迫っています。過去の半減期はいずれも数カ月間の大幅な強気相場をもたらしたため、今度のイベントに賭ける投資家や投機家が増え、ますます多くの資金がBTCに注ぎ込まれることになるかもしれません。

まとめ

BTCの4万ドル突破は、経済要因と市場の投機が複雑に絡み合っていることを反映しています。未来は予測できませんが、このような基礎的なダイナミクスを理解することは、投資家にとって貴重な洞察となるでしょう。暗号資産はボラティリティが高く、リスクが高いことで知られてきたが、最初のブロックチェーンであり、金融市場を変革する可能性を秘めており、真に革命的な通貨であるBTCの歴史において、このような節目に立ち会えることは幸運です。

Bitcoinが40,000ドル突破:マイルストーンと今後の伸び代 image 1

免責事項:この記事で述べられている意見は、情報提供のみを目的としています。本記事は、取り上げた商品やサービスを推奨するものではなく、また投資、金融、取引のアドバイスをするものではありません。投資に関する意思決定は、事前に専門家に相談することをお勧めします。

おすすめの読み物
nodataデータなし