left-back

トリガーオーダーの説明

Bitget グローバルユーザーの皆様へ

いつもBitgetをご利用いただきありがとうございます。

 

安全で安定した究極のユーザーエクスペリエンスを提供するために、Bitgetはアップグレードされた使いやすいトリガーオーダーを提供します。

 

トリガーオーダーは、注文価格とトリガー条件が事前設定された一種の注文です。最後の価格がトリガー価格に達すると、システムは事前設定された注文価格で注文します。トリガー注文を使用すると、売買価格を事前設定できるため、市場を常に監視する手間をかけずに、自動的に利益を得るか、損失を止めることができます。

 

定義:

トリガー価格:最終価格がトリガー価格に達すると、注文は事前設定された注文価格で発注され、取引が保留されるようにトリガーされます。

購入価格または販売価格:購入または販売する価格。トリガー注文がトリガーされると、事前設定された注文価格で発注されます。注文は、指値注文または成行注文の形式をとることがあります。

 

数量:注文がトリガーされたときの注文数量。



例1(損切りをしたい場合):

例としてBTC / USDTを取り上げます。ユーザーは5764USDTの価格で10BTCを購入し、価格は5615.4USDTでサポートを見つけると見積もられています。サポートレベルを下回った場合、ドロップし続ける可能性があります。したがって、5615.4USDTの価格で損切りをしたい場合は、トリガー価格5615.4USDTを事前設定できます。販売価格は5591.1USDT、数量は10BTCで、「売るBTC」をクリックください。その後、価格が5615.4USDTに下がると注文がトリガーされ、売り価格5591.1USDTの指値注文として発注されます。

 

例2(最低価格で購入したい場合):

例としてBTC / USDTを取り上げます。現在の価格は5900USDTで、サポートは5615.4USDTと見積もられています。サポートレベルを下回った場合、ドロップし続ける可能性があります。過去3か月の最低価格が5300USDTであることを考慮すると、価格が5300USDT近くまで下がったときにBTCを購入したいとします。したがって、トリガー価格を5615.4 USDT、購入価格を5350USDT、数量を10BTCに事前設定して、「買うBTC」をクリックください。その後、価格が5615.4USDTに下がったときに注文がトリガーされ、5350USDTの買い価格で指値注文として発注されます。

 

例3(利確をしたい場合):

例としてBTC / USDTを取り上げます。ユーザーは5764USDTの価格で10BTCを購入し、価格は6000USDTでサポートを見つけると見積もられています。サポートレベルを突破すると、修正される可能性があります。したがって、6000USDTの価格で利益を得たい場合は、トリガー価格を5980 USDTに事前設定し、販売価格を6000 USDT、数量を10BTCにして、「売るBTC」をクリックください。その後、価格が5980USDTに上昇したときに注文がトリガーされ、6000USDTの売り価格で指値注文として発注されます。

 

ご注意ください:

1.トリガーオーダーは、トランザクションが利用可能な場合にのみ行うことができます(システムがメンテナンス中の場合、トリガー注文を行うことはできません)。

2. 注文数量は、トリガーオーダーのタイプに適用される制限要件を満たしている必要があります。

3.トリガーオーダーがトリガーされる前に、資産がロックされることはありません。トリガー注文がトリガーされ、事前設定された価格と数量に基づく注文が行われた場合にのみロックされます。

4. 価格制限、注文数量制限、残高不足、注文の非取引ステータス、ネットワークの問題、またはシステムの問題により、トリガー注文が行われない場合があります。

5.トリガーオーダーがトリガーされると、事前設定された注文価格で発注されます。ただし、注文価格が価格制限を超えた場合(購入価格が最新価格より10%高い場合、または販売価格が最新価格より10%低い場合)、注文は行われません。

6.トリガーオーダーが指値注文として正常にトリガーされると、事前設定された注文価格で発注されますが、実行されない場合があります。指値注文とは、売り価格が市場価格よりも低い場合、または買い価格が市場価格よりも高い場合に、入手可能な最良価格で取引されることを意味します。指値注文は実行が保証されておらず、一般的な市況に完全に依存していることに注意してください。

 

 

いつもBitgetをご利用いただきありがとうございます。



Bitgetチーム

2022年1月10日