left-back

インバース型契約 分離マージン/クロスマージン

分離マージン

1.インバース型契約の分離マージンモードは、ポジションの両方向オープンをサポートします。

2.ユーザーの清算は、このポジションに割り当てられた証拠金のみを損失します。それが増加しない場合、初期証拠金のみになり、アカウントの残り資産には影響しません。

3.インバース型契約は、クロスマージンと分離マージンの両方ご利用いただけまs。同じ証拠金通貨での同じ取引ペアは、1つポジションの保有モードのみをサポートします。

例:証拠金としてETHを使用すると、すべての資産は20ETHで、BTCUSDロングポジションに割り当てられた5ETHで、およびETHUSDロングポジションに割り当てられた3ETHです。2つのポジションがいくら利益または損失であっても、それらは互いに影響しません。利益と損失ポジション内で計算されます。

あるポジションの強制決済は、別のポジションの強制決済に影響をしません。アカウントの関与していない12ETHは、強制決済の影響も受けません。

 

注:レバレッジの調整などの操作により、証拠金が増減します。レバレッジによって解放された証拠金の一部を手動でのみ転送できます。レバレッジを大から減らすために必要な証拠金の一部には、アカウント内に単独で追加できます。

 

クロスマージン

1.インバース型契約のクロスマージンモードは、ポジションの両方向オープンをサポートします。

 

2.クロスマージンとはリスクに抵抗し、強制決済を回避するためにアカウントのすべての残高を使用することを指し、クロスマージンの損益もそれに反映されます。

3.インバース型契約のクロスマージンモードでのヘッジをサポートします。つまり、ポジションAの未実現利益を使用して、ポジションBの未実現損失を相殺でき、複数の契約取引ペアを保有することでリスク管理にご利用いただけます。

 

例:ETCが証拠金として使用され、BTCUSDのロング利益が10ETHで、ETHUSDのロング損失が6ETHの場合、ETHアカウントの権益は+ 4ETHになります。

注:BTCが証拠金の取引ペアとして使用され、BTCUSDを保有している場合、この部分は、ETCが証拠金として使用される取引のヘッジに参加しません。

 

注意

ポジション保有時はマージンモードはご変更できません。

 

Bitgetチーム

 

Bitget Japan 公式チャンネル

Twitter

Telegram 

LINE

Youtube

Instagram