left-back

USDT契約 強制決済価格

強制決済とは、証拠金レベルが維持証拠金レベルに達した際に、ポジションが強制決済され、すべての維持証拠金を失うことを指します。 「マーク価格」が強制決済価格に達したときにトリガーされます。

 

強制決済価格(分離マージンモードでは、ポジションに証拠金を追加することができます)

必要証拠金率= 1 /レバレッジ

維持証拠金率(MMR)は 段階別証拠金に基づいて決定されます。

 

買い/ロングの場合

強制決済価格=市場価格*(1-必要証拠金率+維持証拠金率)-追加証拠金/契約サイズ

(例)

トレーダーは、50倍のレバレッジで10,000 USDTで1 BTCのロングポジションを建てます。 追加の証拠金はないと仮定します。

強制決済価格= 10,000 USDT *(1-2%+ 0.5%)= 9,850 USDT

 

売り/ショートの場合

強制決済価格=市場価格*(1 +必要証拠金率-維持証拠金率)+追加証拠金/契約サイズ

(例)

トレーダーは、40倍のレバレッジで8,000USDTで1 BTCのショートポジションを建てます。 追加の証拠金はないと仮定します。

強制決済価格= 8,000 USDT(1 + 2.5%-0.5%)= 8160 USDT

 

強制決済価格(​​クロスマージンモードの場合)

分離マージンと異なり、クロスマージンモードでの強制決済価格は、利用可能な残高が他の取引ペアの影響を受けます。クロスマージンモードでは、各ポジションに使用される必要証拠金は資産残高から分離されますが、残りの残高は共有されます。利用可能残高はすべての既存のポジションで発生した未実現損益も含まれます。強制決済は、利用可能残高= 0になり、各ポジションにそれぞれ十分な維持証拠金がない場合にのみ発生します。

 

USDT契約の証拠金率

=(ポジション証拠金+未実現損益)/ポジション価値

=(ポジション証拠金+未実現損益)/(額面金額*持ちポジションの枚数/最新のマーク価格)

 

維持証拠金率

大きなポジションが爆発した時に、市場の流動性に衝撃を与えることを防ぐため、Bitgetの契約製品はポジション階段式の維持証拠率ギア制度を実施します。つまり、ユーザーのポジションが大きければ大きいほど、最低の維持証拠金率が高く、オプションできるの最高レバレッジ倍数は低くなります。

 

 

 

Bitgetチーム

 

Bitget Japan 公式チャンネル

Twitter

Telegram 

LINE

Youtube

Instagram