製品ニュース

現物マージン - 個人のマージン借入限度額の計算・確認方法

個人のマージン借入限度額とは、現物BTCUSDT">マージン取引でユーザーが借入できる最大金額です。ユーザーがマージンを保有しているという前提で、個人借入限度額は、対象取引ペアまたは通貨がサポートされるレバレッジ倍数によって決定される借入限度額、通貨の個人借入限度額、および残りの借入資本プールの三つの値の最小値によって決まります。

1. レバレッジ倍率は借入限度額の前提条件であり、他の制限を考慮しない場合、借入限度額=マージン*(最大倍率-1)となります。クロスマージンモードと分離マージンモードを分けてみましょう。クロスマージンモードでは、サポートされているすべての通貨は借入することができ、借入限度額は(USDTに換算)はマージン* 2となります。分離マージンモードでは、異なる取引ペアが異なるレバレッジ倍数をサポートしますので、取引ペアによって借入限度額が異なります。たとえば、BTC/USDTは分離マージンモードで10倍のレバレッジをサポートするため、ユーザーは9倍のマージン価値でBTCまたは USDTを借り入れることができます。

2. 通貨の個人借入限度額と借入資本プールは、市場、リスク、その他の要因の変動に従いますが、ユーザーの元本とレバレッジ倍率の影響を受けません。借入限度額は通貨の個人借入限度額、および残りの借入資本プールを上回る場合、三つの値の最小値が取られます。ユーザーはこのページから各通貨または取引ペアの限度額を確認することができます:https://www.bitget.com/ja/margininfo

例えば、ユーザーが10,000USDTマージンを保有し、最大倍率3倍の通貨/取引ペアを取引する場合、

ユーザーの借入限度額は10,000*(3-1)=20,000USDTです。該当通貨の個人借入限度額が15,000 USDTの場合、個人借入限度額は20,000USDTではなく、15,000 USDTとなります。また、残りの借入資本プールは5,000 USDTの場合、個人借入限度額は5,000 USDTとなります。

3. 対象取引ペアの個人借入上限額を素早く確認するには?

(1) 自動借入/返済が有効な場合(推奨)、マージン取引インターフェースで表示されている利用可能な金額は、取引可能元本と借入上限額を含む取引可能資金の合計金額となります。

自動借入/返済が有効な場合(推奨)、マージン取引インターフェースで表示されている利用可能な金額は、取引可能元本と借入上限額を含む取引可能資金の合計金額となります。

2) 手動借入が有効な場合、借入インターフェースに借入限度額が表示されます。

2) 手動借入が有効な場合、借入インターフェースに借入限度額が表示されます。

借入に関する詳細はこちら>>

注意事項:マージン取引はより多くのBTCUSDT">現物取引資金を提供するものの、リスクが伴います。Bitgetの現物マージン取引商品では、リスク比率が1以上となった場合に、ポジションの清算または強制縮小のトリガーとなります。従って、ポジションのリスク比率を注意深く監視し、適時に資本を補充するか、ストップロス注文を発注することを強くお勧めします。