製品ニュース

Bitget P2Pの異議申し立て処理ルール

買い手の申し立て

1. 注文がキャンセルされた場合

注文の制限時間を超過し、システムにより自動的にキャンセルされたものの、買い手が支払いを完了していた場合、または買い手が支払いを完了した後、誤って注文がキャンセルされた場合、Bitgetカスタマーサービスは売り手に連絡し、返金を促します。売り手が返金を拒否した場合、Bitgetは取引に起因するいかなる損失に対しても責任を負いません。また、Bitgetは、プロセス中に非協力的なユーザーに対するBitgetサービスを終了する権利を留保します。

2. 支払い金額と注文金額が一致しない場合

買い手が実際に支払った金額が注文金額より大きく、かつ 支払い済みをクリックした場合、Bitgetカスタマーサービスが売り手に返金するよう連絡します。売り手が返金を拒否した場合、資金の損失は買い手の責任となります。また、Bitgetは、プロセス中に非協力的なユーザーに対するBitgetサービスを終了する権利を留保します。

3. 売り手は時間通りに暗号資産をリリースしていない場合

買い手がリアルタイムの支払い方法を使用して支払いを完了したが、売り手が時間通りに暗号資産をリリースしなかった場合、Bitgetカスタマーサービスが売り手に暗号資産をリリースするように連絡します。売り手が所定の時間枠内に応答しない場合、Bitgetカスタマーサービスエージェントが暗号資産を手動でリリースします。
買い手がインスタントでない支払い方法を使用し、売り手が期限内に支払いを受領できない場合、Bitgetカスタマーサービスが売り手に連絡し、2営業日以内に暗号資産をリリースするよう依頼します。所定の期限内に支払いが着金しない場合、売り手はBitgetカスタマーサービスに連絡し、問題を報告する必要があります。売り手から連絡がない場合、支払いが受領されたとみなされ、Bitgetカスタマーサービスが手動で暗号資産をリリースしますのでご注意ください。

4. 売り手は暗号資産をリリースしたがらない場合

買い手はアカウントから正しい金額を支払ったが(保有者の名前がBitgetアカウントで認証された名前と一致しています)、売り手は暗号資産をリリースする気がなく、より高い価格で取引を解決しようとしている場合、
価格が異常に低い場合(市場価格より約10%低い)を除き、該当注文の暗号資産はBitgetカスタマーサービスにより手動ではリリースされます。

5. 買い手は送金の備考を残し、売り手は暗号資産をリリースしていない場合

デジタル通貨、C2C/P2P、BTCなどの機密性の高い単語や表現、またはその他の機密情報が、送金時の支払い備考に含まれていた場合(売り手がすでにそのような単語を記載しないよう規約で述べているにもかかわらず)、Bitgetカスタマーサービスが暗号資産をリリースするか返金を発行するよう売り手に連絡します。返金の際に発生する手数料は、買い手が負担するものとします。

6. 攻撃的な言語を使用した場合

買い手または売り手がP2Pプラットフォーム(ユーザーとのチャットツールやカスタマーサポートのライブチャットを含むがこれに限定されません)上で攻撃的な言葉を使用し、2回以上訴えられた場合、そのユーザーのアカウント機能の一部が停止されます。
売り手のアピール

1. 買い手が支払いを行わず、「支払い済み」をクリックした場合

買い手が支払いを行わなかった場合、または支払い証明を提出しなかった場合、または所定の時間内に連絡が取れない場合、Bitgetカスタマーサービスは注文をキャンセルします。同じ理由で3回以上注文がキャンセルされた場合、該当ユーザーのアカウント機能の一部が停止されます。
買い手が支払いを行ったが、売り手が支払いを受け取っていない場合、Bitgetカスタマーサービスは、2営業日以内に暗号資産をリリースするよう売り手に連絡します。所定時間内に暗号資産がリリースされなかった場合、Bitgetカスタマーサービスが手動で暗号資産をリリースします。暗号資産が正常にリリースできない場合、売り手はカスタマーサービスに連絡して問題を報告する必要があります。売り手がカスタマーサービスに連絡しない場合、支払いは受領されたとみなされますのでご注意ください。

2. 認証された情報または支払金額が一致しない場合

買い手が、支払情報に記載された支払口座ではなく、売り手の他の支払口座または他人の支払口座に送金した場合、Bitgetは、取引に起因するいかなる損失に対しても責任を負わず、返金は保証されません。買い手が売り手の指定した口座以外への支払いを繰り返した場合、カスタマーサービスは買い手の口座を停止する権利を有します。
買い手の支払い口座名義がBitget P2P上で認証された名義と一致しない場合、買い手のP2P機能はBitget P2P取引ルール違反により停止されます。この場合、暗号資産はリリースされず、売り手は買い手に全額を返金するよう求められます。売り手が返金の証明を提出し、買い手が返金を受け取ったことを確認した後、注文はキャンセルされます。発生した手数料は買い手が負担するものとします。
買い手が支払いを完了したにもかかわらず、その金額が注文金額に満たない場合、買い手は所定の期間内に残りの金額を支払うよう求められます。発生した手数料は買い手が負担するものとします。発生した手数料は買い手が負担するものとします。買い手が期限内に対応しなかったり、残額の支払いを拒否したりした場合、売り手は受け取った代金を返金するよう求められます。Bitgetは、プロセス中に非協力的なユーザーに対するBitgetサービスを終了する権利を有し、取引によって生じたいかなる損失に対しても責任を負いません。
買い手が実際に支払った金額が注文金額より少ないが、売り手が全額の支払いを受ける前に暗号をリリースした場合、Bitgetカスタマーサービスは残り金額の支払いを手配するよう買い手に連絡します。買い手が支払いを拒否した場合、売り手はその結果生じる資金の損失について責任を負います。Bitgetは、プロセス中に非協力的なユーザーに対するBitgetサービスを終了する権利を有し、取引によって生じたいかなる損失に対しても責任を負いません。

3. 売り手が自分のアカウントで支払いを確認せず、暗号資産をリリースした場合

売り手はカスタマーサービスに連絡して問題を報告する必要があります。買い手が対応しない場合、または協力を拒否した場合、売り手は法執行機関に報告することができます。
売り手は、アカウント内の支払いを確認せずに暗号資産をリリースした場合、全責任を負うものとします。Bitgetは、取引に起因するいかなる損失に対しても責任を負わず、資金の回収を保証することはできません。

4. 攻撃的な言語を使用した場合

売り手または買い手がP2Pプラットフォーム(ユーザーとのチャットツールやカスタマーサポートのライブチャットを含むがこれに限定されません)上で攻撃的な言葉を使用し、2回以上訴えられた場合、そのユーザーのアカウント機能の一部が停止されます。
*Bitgetは、プロセス中に非協力的なユーザーに対するBitgetサービスを終了する権利を留保します。