left-back

Eth合併計画およびフォーク処理の可能性についての説明

Bitgetグローバルユーザーの皆様へ

 

ETH財団のメインネットマージのアナウンスETHマージのアップグレード情報によると、ETHは特定の総難易度値に達すると、 Proof-of-Work(PoW)mechanism to the Proof-of-Stake(PoS)メカニズムに移行するとのことである。具体的に言えば、PoWベースのイーサリアムチェーンは、Terminal Total Difficulty(TTD)値が58750000000000000に達すると、PoSチェーンに移行するとのことです。時期としては、2022年9月10日から2022年9月20日の間と予想されています。現在の予想では、イーサリアムメインネットのブロック高が15,540,293に達した2022年9月15日17時30分(日本時間)頃に移行する可能性があるとされています。

 

マージは2段階のプロセスで行われます。最初のステップは、エポックハイトをトリガーとするコンセンサス層でのネットワークのアップグレード、Bellatrixである。 続いて、TTDと呼ばれる特定のTotal Difficulty thresholdをトリガーに、実行層がProof-of-WorkからProof-of-Stake、Parisへと移行します。

ETHのマージとアップグレードの過程で、新しいフォークトークンが作成されることがあります。ユーザーの資産の安全性を維持し、より良い取引体験を提供するため、Bitgetは以下のような措置を講じる予定です。

 

I. ETHの入出金について

Bitgetは、以下の時期でETHおよびERC-20ネットワークトークンの入出金を停止します。

 

  • 2022年9月7日 4時00分 ( 日本時間)  コンセンサスレイヤーアップグレード(Bellatrix)
  • 2022年9月15日 17時00分(日本時間) エグゼクティブレベルのアップグレード(Paris)

具体的な入出金停止・再開のタイミングは、別途アナウンスでお知らせします。

 

II. マージについて

今回のイーサリアムマージでは、以下の2つのシナリオが発生する可能性があります。

 

シナリオ1

ハードフォーク後に新たなトークンが生成されない場合、Bitgetはセキュリティリスクがないことを確認後、速やかに入出金を再開し、その際に公式コミュニティへの通知とアナウンスを掲載します。

 

シナリオ2

Ethereumのマージとアップグレードの際にフォークチェーンと新しいフォークトークンが作成された場合、「ETH」コードはEthereum PoSチェーンで使用される予定です。

また、Bitgetは実行層のアップグレード前のETH保有量のスナップショット(イーサリアムメインネットのブロックblock height of 15,540,293)に基づき、作業完了の少ないチェーンから1:1の割合でフォークトークンをユーザーに配布し、フォークトークンの出金操作に対応する予定である。

フォークトークンの上場については、ユーザーの意見を十分に考慮し、セキュリティ基準への適合性を評価した上で、Bitgetが決定します。詳細については、別途お知らせで明らかにします。

 

III. ETHおよびERC-20ネットワークトークンの現物取引について

現物取引について ETHおよびERC-20ネットワークトークンの現物取引に影響はありませんが、ハードフォークはより急激な価格変動を伴う可能性がありますので、リスクを見極めた上で取引を行ってください。


IV. ETHの先物取引について

ETHのUSDT先物、インバース型先物による先物取引は影響を受けません。ただし、ハードフォークはより急激な価格変動を伴う可能性がありますので、リスクを見極めた上でお取引をお願いいたします。先物取引の原資産に変更があった場合は、Bitgetが今後のお知らせで詳細や最新情報を提供します。

 

V. フレキシブルセービングについて

ETHのフレキシブルセービングの加入および償還は、マージ中も影響を受けません。Savings口座のETH残高からハードフォークで生成された新しいトークンは、メイン口座に配布されます。




【注意事項】

  • スナップショット時に、ETHの売り注文が成立している場合、入金がまだ到着していない場合、出金が完了している場合は、ポジションスナップショットの統計に資産がカウントされません。時間内に取引、入金、出金の処理をお願いします。ハードフォークにおける技術的な問題への対応については、Bitgetがサポートします。
  • 入出金業務が再開された際には、公式コミュニティへの通知やアナウンスメントを行う予定です。
  • ブロックごとに難易度の増分が異なるため、ブロックやタイムスロットの高さよりもTTDの時間帯を予測することが難しく、予想範囲が広くなることがあります。ユーザーは、ワークロード証明のハッシュレートが時々刻々と変化するため、メインネット移行の正確なタイミングを予測することも困難であることに留意する必要があります。

 

詳細については、こちらをご覧ください。

 

お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。今後もより良い製品、サービスを提供してまいります。

 

Bitget Team

2022年9月5日