Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引コピートレード自動売買Bitget EarnWeb3
ブロックチェーン
ブロックチェーンと暗号資産の実世界でのユースケース:分散化されたソリューションでグローバルな課題に取り組む

ブロックチェーンと暗号資産の実世界でのユースケース:分散化されたソリューションでグローバルな課題に取り組む

新規ユーザー
2024-01-19 | 5m

ブロックチェーン技術の核心は、信頼性、透明性、分散化にあります。これらの要素は多くの分野に応用でき、さまざまなユースケースを生み出し、最も差し迫ったグローバルな課題に取り組むことができます。ブロックチェーンと暗号資産の実際のユースケースと、それらが私たちの生活、仕事、つながりをどのように変えるのかについて学びましょう。

Powerledger - 再生可能エネルギー取引の強化

近年、再生可能エネルギーへの移行の重要性が、気候変動や環境保護に関する世界的な議論の中心となっています。2022年、再生可能エネルギーは米国の一次エネルギー消費量の約13.1%を占めます 。しかし、ブロックチェーン技術がどのようにして再生可能エネルギーをより持続可能で効率的かつアクセスしやすいものに変えるのか、と疑問に思うかもしれません。

ブロックチェーンと暗号資産の実世界でのユースケース:分散化されたソリューションでグローバルな課題に取り組む image 0

出典:Powerledgerウェブサイト

2016年設立、Powerledger は世界初の再生可能エネルギー取引プラットフォームであり、すべての人のための分散型エネルギーマーケットの創造を目指して構築されました。Powerledgerはエネルギー生産者と消費者をつなぎ、透明で安全な方法で再生可能エネルギーを売買できるようにします。Powerledgerはまた、分散型エネルギー発電をサポートし、ローカル・マイクログリッドの構築を促進し、全体的なグリッド管理を改善します。

ブロックチェーン技術はPowerledgerの原動力であり、再生可能エネルギーを地域コミュニティ内で透過的に発電、貯蔵、分配することを可能にします。分散型エネルギーは、エネルギー効率と回復力を大幅に向上させ、同時に産業競争を活性化させる可能性を秘めています。Powerledgerは、従来のエネルギー供給者の独占を打破することで、より公平で持続可能な未来への道を開きます。

今日からBitgetでPowerledger(POWR) の取引を始めましょう!

IBM Food Trust - ブロックチェーン技術で食品供給を変革します

あなたの食べ物がどこから来て、どのように農場からあなたの家に届けられるのか、今までに考えたことはありますか?その答えは、世界中に広がるサプライチェーンのネットワークにあります。非常に多くの仲介業者や取引先が関与しているため、食品サプライチェーンの透明性、トレーサビリティ、信頼性を確保することは困難です。IBMフード・トラストは、この課題に対する解決策を提供しています。

IBM Food Trust は、より安全な食品、より長い製品保存期間、廃棄物の削減、より迅速なトレーサビリティを提供するためのブロックチェーンベースのサプライチェーン・ソリューションです。2017年8月に導入されたIBM Food Trustは、農家、流通業者、販売業者、規制当局を結びつけ、食品サプライチェーンのデータを記録するための、安全で信頼性が高く、改ざんされにくい台帳を作成する、最大級の非暗号ブロックチェーンネットワークです。

ブロックチェーンと暗号資産の実世界でのユースケース:分散化されたソリューションでグローバルな課題に取り組む image 1

IBM Food Trustビジネス価値

出典:IBM Food Trust

IBM Food Trustは、API、トラストアンカー、スマートコントラクトなどのクラウドベースのブロックチェーン技術を活用し、サプライチェーンの各参加者が安全な方法で食品に関する情報にアクセスし、共有できるようにします。これには、食品の供給源、生産メソッド、輸送条件、保管温度、その他の重要な情報に関するデータが含まれます。一元的な真実の情報源を作ることで、このプラットフォームは情報の非対称性を減らし、効率を向上させ、食品詐欺を防ぐのに役立ちます。

Hivemapper - 分散型4Kダッシュカムでグローバルマッピングに革命を起こします。

ほとんどの人は生涯に少なくとも一度はデジタルマップを使用したことがあるでしょう。実際、マッピングサービスはGoogle Waze

何か解決策はありますか?

ここに Hivemapper が登場しました。これは、最新で公平で、検閲がなく、パーミッションレスな地図を作成する新しい方法です。世界初の分散型グローバルマッピングネットワークであるHivemapperは、シリーズAで1800万米ドルの資金調達に成功した。 Multicoin Capitalが主導し、Craft Ventures、Solana Capital、Shine Capitalなどが参加しました。

Hivemapperは、ミツバチの巣の共同作業から着想を得て、コミュニティ主導のデータ収集の力を活用することで、マッピングに革命を起こすことを目指しています。参加者は高品質のダッシュカムを購入し、それを接続して周囲を運転しながら街の画像を撮影し、それらはHivemapperのデータベースに送信されます。これらの画像は、常に更新される写真を含む高品質のオープンソースマップを作成するために使用されます。 Hivemapper Explorer ウェブサイトからアクセスできます。参加を促し、マップの有用性を維持するために、HivemapperはネイティブトークンであるHONEYと、マップの範囲、最新の画像、品質を提供する集団所有権でコミュニティメンバーに報酬を与えています。

ブロックチェーンと暗号資産の実世界でのユースケース:分散化されたソリューションでグローバルな課題に取り組む image 2

Hivemapper vs.アラブ首長国連邦のGoogle Maps

出典:Hivemapper Medium

Hivemapperは、その地図への分散型アプローチのおかげで、「Google Map Killer」の称号を得ています。貢献者にインセンティブを与え、報酬を与えることで、最先端の、継続的に進化するマップの作成を促進します。その分散型的なデータとパブリックブロックチェーンの使用は、参加者が生成された価値を共有するだけでなく、代表される地理的地域に影響を与える、検閲に強く民主的なプラットフォームを保証します。

Space ID - Web3におけるデジタルID管理

暗号通貨の世界では、複雑なウォレットアドレスを扱うのは大変なタスクです。大量の暗号通貨を次のようなアドレスに送ることを想像してみてください0x5FbDc5718E2444cB346Ce4B1e58632A9A2Df8A1D3bの覚えるのが大変なだけでなく、コピーペーストのミスも起こりやすいです。ドメイン・サービスは、alien.bnbのように、これらの数値アドレスを覚えやすい名前にリンクすることで、ID管理をより直感的なものにします。

SPACE ID(ID) は、Web3の世界にこのレベルのシンプルさをもたらすために2022年4月に導入されました。ユニバーサルネームサービスネットワークとして、Web3ドメイン名の登録、取引、発見、管理のためのワンストップアイデンティティプラットフォームを提供します。デジタルIDと現実世界をつなぐゲートウェイとして、SPACE IDはWeb3サービスとの接し方に革命を起こすことを目指しています。

SPACE ID(ID)の詳細については、以下をご参照ください。 SPACE ID(ID)とは?

ブロックチェーンと暗号資産の実世界でのユースケース:分散化されたソリューションでグローバルな課題に取り組む image 3

2023 4月現在、SPACE IDに登録されているドメイン数

出典:SPACE ID X(Twitter)

Ethereumのネームサービス(ENS)からインスピレーションを得たSPACE IDは、複雑な暗号アドレスを人間が読めるIDに置き換え、Web3でのやり取りをよりアクセスしやすく、ユーザーフレンドリーにします。ユニークで覚えやすいドメイン名を通じて、ユーザーは暗号ウォレットを効率的に管理し、Web3のエコシステムをシームレスにナビゲートできます。

当初はBNBチェーンでローンチされたSPACE IDは、その後、2023年2月の.arbネームサービスの導入に伴い、Arbitrumネットワークにその範囲を拡大しています。この動きにより、プラットフォームはマルチチェーンドメイン名を提供できるようになり、その多様性をさらに高めました。これらのドメイン名に加え、SPACE IDはカスタマイズ可能なコミュニティドメインとサブドメイン管理も提供しており、これらは複数のサービスを運営するビジネスにとって非常に重要です。

SPACE ID(ID)への投資を検討してみませんか?たった2分でBitgetでアカウントを作成し 、Space IDの取引を開始することができます。