Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引コピートレード自動売買Bitget EarnWeb3
ブロックチェーン
Web3とメタバースの主な違いと両者の連携について

Web3とメタバースの主な違いと両者の連携について

新規ユーザー
2024-01-18 | 5m

1990年代初頭に誕生して以来、インターネットは、場所を問わず人類のあらゆる知識に瞬時にアクセスできる、最も貴重な技術ツールのひとつへと発展してきました。しかし、どのような技術もそうであるように、インターネットも現代のニーズによりよく応えるためにアップグレードの時期を迎えています。

この時点で、近年2つの異なるモデルが注目を集めています。1つはWeb3で、もう1つはメタバースです。

Web3の誕生

Web3を理解するためには、インターネットが過去30年間にたどった軌跡を振り返ることが必要です。Web1は90年代初頭に登場し、2004年頃まで続きました。インターネットが初期の時代であったため、ウェブサイトは主に「読み取り専用」であり、ユーザーはさまざまな企業がホストするウェブサイトから情報を取得するだけでした。

新しいミレニアムが始まって間もなく、ソーシャルメディア プラットフォームが台頭し、Web2の到来を告げました。この時代は閲覧だけでなく、投稿や貢献を通じて積極的に参加することが重視されました。これは、ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)の「読み書き」フェーズの始まりであり、ユーザーがサーバー上でホストされるコンテンツを作成することを可能にしました。しかし、ユーザーが作成したコンテンツは、こうした大企業や企業の管理下に置かれたままでした。

そこでWeb3が登場しました。Ethereumの共同創設者Gavin Wood氏によって造られた Web3は、インターネットの分散化を中心にしています。その目的は、少数の民間企業が既存のインターネットに対して過度の管理と権限を持っており、システムが適切に機能するにはこれらの企業に対する多大な信頼が必要であると感じていた多くの人々の懸念に対処することです。この問題の解決策は、インターネットユーザーがコンテンツの読み書きだけでなく所有できるようにする、完全に分散化された構造です。

Web3はWebに革命をもたらす4つの主要な特性を備えています。何よりもまず、先に述べたように、新しいインフラは分散型であり、単一の事業体や少数の大企業グループがインターネットのどの部分も所有することはありません。第二に、Web3はパーミッションレスであり、誰でも排除されることなくインターネットに参加し、アクセスできることを意味します。第三に、Web3はトラストレスシステムに基づいて構築されており、サードパーティに依存する必要がありません。その代わり、経済的なインセンティブを提供することで、参加者全員が最善の利益を得られるような行動をとるよう促します。最後に、このようなインセンティブを促進するために、Web3は暗号資産という形で独自のネイティブな決済システムを持ち、銀行や決済処理業者のような仲介業者の必要性を回避しています。

メタバースの誕生

Web3は2014年頃から広く議論されるようになったが、近年、メタバースという別のコンセプトも大きな注目を集めています。この言葉自体は、1992年のSF小説『スノウ・クラッシュ』に由来し、その後、2011年の『レディ・プレイヤー1』など、他の人気メディア作品でもこのコンセプトはさらに発展しています。

「メタバース」という用語は、現在では一般的に、仮想現実や拡張現実のヘッドセットやシステムなど、さまざまなデバイスを使ってユーザー同士が互いに関わり合い、周囲の環境と関わり合うことができる、恒久的で相互接続された仮想環境の概念を表すのに使われています。しかし、多くの企業や開発者がインターネットの進化における次のステップと考えているエコシステムとして、そのコンセプトは当然、より幅広い技術を含むように拡大しています。

このビジョンは、すべてのプラットフォームが相互接続され、ユーザーがパーソナライズされたアバターを通じてこれらのデジタル環境をシームレスにナビゲートできる、統合された仮想世界へと発展しています。レクリエーションスペースから生産的な施設、小売店まで、メタバースは、デジタルの領域で私たちの物理的な日常生活を密接にエミュレートしようとしています。

このような機能のいくつかはまだ実現には時間がかかるが、すでに既存のテクノロジーを使ってメタバース的な体験がいくつか実装されているのを目の当たりにしています。Fortniteで開催される音楽コンサート、World of Warcraftでの冒険、VR ChatやMetaのHorizon Workroomsのようなプラットフォームでの共同作業といった例は、従来は物理的な環境で行われていた活動のために人々を集める仮想空間を例示しています。主な違いは、これらの環境はすべて互いに独立しており、統合されたメタバースではなく、個別のメタバースに似ていることです。

実際、Meta(旧フェイスブック)、Microsoft、Nvidia、Roblox、Epic Gamesなど、いくつかのテック企業がすでに独自のメタバース開発に着手しています。おそらくその結果は、『レディ・プレイヤー1』のオアシスのような単一の普遍的なメタバースではなく、複数の異なるメタバースが人気とさまざまな企業による採用を競うことになるでしょう。より分散化されたWeb体験を支持している人であれば、この時点で、Web2で浮上したのと同じ懸念、つまり少数の企業がインターネット上で過剰な制御を握ることになるという懸念に気づくかもしれません。これらすべての課題を解決するのが分散化を重点においているWeb3です。

異なるが相補的

表面的には、Web3とメタバースは、インターネットの将来に関する2つのビジョンであり、まったく異なることに焦点を当てているように見えます。前者はワールド・ワイド・ウェブ(WWW)のより一般化された構造を作り出そうとするもので、後者はインターネットサーフィンをより没入感のある体験にしようとするものです。この2つは別々の問題に取り組んでおり、Web3はシステム全体の解放に重点を置き、メタバースはその代わりにエンドユーザーの体験に重点を置いています。分散的なワールド・ワイド・ウェブ(WWW)を作ることが必ずしもメタバースにつながるわけではないし、メタバースを作ることが必ずしもインターネットを一般化するわけでもないです。しかし、もうお分かりかもしれないが、Web3とメタバースは、実はお互いを補完し合うのに適しています。

前節で述べたように、メタバース(あるいは私たちが期待するように、複数のメタバース)の核心的な問題のひとつは、インターネット上の権力が少数の大企業の手に残るということです。Web3テクノロジーを使って真のメタバースを構築することで、この問題を効果的に解決し、仮想世界のコントロールをユーザーに委ねることができます。一般化で分散化された3Dデジタル空間を創造することで、ユーザーはさまざまな環境をシームレスにナビゲートすることができ、安全な方法でアイデンティティ、データ、貢献に対する所有権を保持することができます。

この2つのモデルが連動する面は他にもあります。メタバースは、商品やサービスの交換にデジタル通貨に依存しています。非代替性トークン (NFT) や暗号資産などのWeb3テクノロジーは、資産と価値の保存の両方の安全な所有権を提供できます。dApps (分散型アプリケーション) DAO (分散型自律組織) を開発して、メタバースを強化し、まったく新しいエクスペリエンスを作成できます。同時に、クリエイターとユーザーはそれをコントロールし、開発の進め方を共に決定します。このように、Web3はメタバースの一般化にとって極めて重要です。

インターネットの未来

これまで述べてきたWeb3の特徴を活用することで、インターネットは検閲や寡占から解放されたメタバースへと進化する可能性を秘めています。Webの未来に関する両モデルは数年前から存在しているが、我々はまだ開発の初期段階にあり、これらの技術が普及するには間違いなく時間がかかるでしょう。とはいえ、テック業界は常に進化しており、近い将来、新しいシステムが登場すれば、世界経済や私たち個人の社会的交流のあり方に革命が起きるかもしれません。