Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引コピートレード自動売買Bitget EarnWeb3
ブロックチェーン注目のトピックDencunEthereum
Ethereum Dencunアップグレードについて知っておくべき情報 - 簡略版

Ethereum Dencunアップグレードについて知っておくべき情報 - 簡略版

新規ユーザー
2024-01-19 | 5m

暗号資産がブロックチェーンの最も有名なユースケースであることは間違いありませんが、VitalikとEthereumのデベロッパーにとって、ブロックチェーンの設計を改善し、ブロックチェーンをほぼすべてのソリューションにすることはより重要なことです。

ブロックチェーンはほぼすべてのソリューション

ブロックチェーンとは?

その名の通り、連結したブロックがブロックチェーンを形成しています。情報が収集され、データと呼ばれる処理可能なものに変換されます。データを同じサイズのブロックに分割することで、効率的で高速かつ信頼性の高い方法でデータにアクセスできるようになります。データは、個人、企業、政府がその潜在能力を最大限に発揮する際に、十分な情報に基づいた意思決定を行うのに役立つため、現代において極めて重要です。

ブロックチェーン上のデータは、直線的な時系列で保存される必要があります。つまり、新しいブロックは既存のデータチェーンのいわゆる「末尾」にしか追加できません。新しいブロックが生成されると、それぞれのブロックのブロックハッシュ、つまり「固有のデジタルID」がそれに応じて変更され、ネットワークの大多数からの検証が必要となるため、以前のブロックのコンテンツは変更できないことに注意が必要です。これにより、ある程度までは、ブロックチェーンのよく知られた不変性、信頼性、透明性、トレーサビリティが実現します。

L1L2、ロールアップ

ブロックチェーンはレイヤー1プロジェクト(L1)です。例:Bitcoin、Ethereum、Litecoin、Ripple、 Solana、Binance Chain、Tronなど。セキュリティ、分散化、スケーラビリティというブロックチェーンのトリレンマを見ると、BitcoinやEthereumのようなOGがセキュリティと分散化に重点を置くと、スケーラビリティで苦労していることがわかります。Ethereumの取引手数料が高い理由ブロックチェーンの容量はユーザーの需要に比例しないため、ユーザーはピーク時に取引を処理するために一種の「入札」をする必要があり、この入札プロセスによって取引手数料が高くなります。加えて、ブロックチェーンの処理速度は世界規模で普及するにはまだ最適ではありません。Ethereumの現在の1秒あたりの最大トランザクション数(TPS)は 62.34 です。一方、Visaは1,700です。

ブロックチェーンのアップグレードや拡張自体は、レイヤー2(L2)と呼ばれます。L2はL1の上に構築され、L1で処理されるはずのトランザクションをL2のネットワークに移し、より高速で効率的なフローを実現します。ロールアップは、このデータの「再配置」を実現する方法です。したがって、スケーリング・ソリューションでもあるのです。このことを知っていると、次のパートを理解しやすくなります。

EthereumMergeForward

Ethereum Merge

Ethereum Mergeは、Ethereumが古き良きプルーフ・オブ・ワーク(PoW)コンセンサスメカニズムと決別し、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を完全に実装したイベントです。これはスケーラビリティを目的としたセキュリティと分散化の実用的な妥協です。なぜなら、特に他のL1と比較してEthereum上のバリデーターの数を考慮すると、PoSはPoWの次に、より効率的(エネルギー的に)でより高いデータスループットを可能にするからです。Ethereumは最大のブロックチェーンエコシステムであり、様々な目的やアプリケーションを持つプロジェクトの本拠地であり、最も広く使われているL2(Polygon、Arbitrum、Optimism)のインフラであるため、Ethereumの効率が向上すれば、ブロックチェーンのすべてのステークホルダーにメリットがあります。

Ethereum Mergeは、EthereumのオリジナルのPoW以外のPoSレイヤーであったBeaconチェーンのローンチから約2年後に開始されました。このデュアルレイヤー設計はThe Mergeでも変わりませんが、BeaconチェーンがEthereumのコンセンサス層となり、もう一方が(取引が行われる)実行層となりました。

Dencunのアップグレード

最新のEthereumのアップグレードは2023年4月のShapellaのアップグレードで、バリデータのアンステークを可能にしました。Dencunのアップグレードは2024年第1四半期のEthereumの2つ目の大きな出来事です。Shapellaのアップグレードでは、Beaconチェーンで行われたものはカペラ星の名前にちなんで、実行レイヤーは上海の都市名にちなんでいる。

Ethereumはスケーラビリティの改善に取り組んでおり、その方法を見つける必要があります。最初の提案は Sharding です。これは、ブロックチェーンを合計64のシャードに分割するプロセスを説明するもので、サイズが小さく、アクセスしやすく、より良く、より速く、より安く処理できます。さらに、バリデータは擬似的にランダムにシャードに割り当てられ、各エポック後、つまり特定のイベントが発生した後に再シャッフルされます。これはブロックチェーンのセキュリティ障壁を強化する役割を果たします。

しかし、Ethereumの開発チームはロールアップの人気が高まっていることに注目し、今後数年間はロールアップのサポートに重点を移すことを決定しました。このアイデアは現在、L2が最も効率的な方法でEthereumと「通信」またはデータを送信できるようにすることであり、この答えはEthereum財団の研究者であるダンクラッド・フェイスト氏によって提案されていて、 Danksharding と名付けられています。これは、ブロックチェーン全体をより小さなビットに分割する代わりに、データストレージが「シャーディング」されます。

Dankshardingに到達するためには、まずブロックチェーンを準備し、プライム化する必要がある。言い換えれば、Dankshardingの初期バージョン(ギリシャ語でプロト)に取り組む必要があります。 EIP-4844 の他の研究者の名前に、DencunアップグレードのためのProto-Dankshardingがあります。アップグレードは、BeaconチェーンのDenebと実行レイヤーのCancunの両レイヤーで行われます。実行レイヤーにはBLOB・キャリング・トランザクションと呼ばれる新しいタイプのトランザクションが導入され、BeaconチェーンはBLOB・データを一定期間保存します。BLOBとはBinary Large Objectsの略で、バイナリ形式の非構造化データのことです。ロールアップがEthereumとやり取りするとき、calldata(トランザクションデータの保存に使用される読み取り専用メモリ)の代わりにBLOBの形でトランザクション情報を送信し、BLOBデータはビーコンチェーン上に保存されます。そして、データはすでにcalldataから分離されているため、限られた時間で実行されます。これにより、両レイヤー、とりわけ実行レイヤーの混雑が緩和され、結果としてロールアップの速度と料金が改善されると推定されます。

結果:Danksharding移行のための余分な作業をする必要がないため、ロールアップチームにとって最も有益であり、スピードが10~100倍向上し、L2取引手数料の90%を占めるEthereumのデータ手数料が下がります。論理的に言えば、Dencunのアップグレードをより活用できるのは、OPやARBといったL2トークンといえます。しかし、ETHの価値が上昇する可能性もあります。つまり、L2はEthereumに依存しているため、L2が成長すればEthereumのエコシステムも成長します。

免責事項:この記事で述べられている意見は、情報提供のみを目的としています。本記事は、取り上げた商品やサービスを推奨するものではなく、また投資、金融、取引のアドバイスをするものではありません。投資に関する意思決定は、事前に専門家に相談することをお勧めします。