Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引先物コピートレード自動売買Bitget Earn
ブロックチェーン
8年間にわたる絶え間ない成長:Ethereumの旅

8年間にわたる絶え間ない成長:Ethereumの旅

新規ユーザー
2023-07-28 | 5m

要約

本記事では、Ethereumの誕生と成長を簡単に概観し、8年にわたる素晴らしい旅路におけるブロックチェーンプラットフォームの回復力を強調します。

Ethereumが誕生して8周年を迎えるにあたり、その素晴らしい歩みを振り返ってみましょう。2015年に先見の明のあるヴィタリック・ブテリン氏によって創設されたEthereumは、ブロックチェーン技術の展望を一変させ、無数の業界に革新、分散化、権限委譲をもたらしました。

Ethereumの誕生

Ethereumの始まり

Ethereumの物語は、2013年後半、若く優秀なプログラマーであったヴィタリック・ブテリン氏が、Bitcoinの枠を超えたブロックチェーンの可能性に深い関心を抱いたことから始まります。Bitcoinは分散型デジタル通貨を生み出した点で革命的だったが、ブテリン氏はプログラム可能なスマートコントラクトや分散型アプリケーション(Dapps)をサポートできるブロックチェーンプラットフォームを構想していました。こうしたアイデアがEthereum誕生の礎となりました。

2014 年初め、ブテリン氏は「Ethereum:次世代スマートコントラクトと分散型アプリケーションプラットフォーム」というタイトルのホワイトペーパーを世界に公開しました。この文書には、複雑なアプリケーションを実行し、仲介者を介さずに契約を自動化できる汎用性の高いブロックチェーンプラットフォームに関する彼のビジョンが詳述されていました。このアイデアは広く熱狂的に受け入れられ、瞬く間に世界のテックコミュニティーの注目を集めました。

Ethereum財団とクラウドファンディング

ヴィタリック・ブテリン氏は自身のビジョンを現実のものとするため、非営利団体であるEthereum財団を共同設立しました。Ethereum財団の主な使命は、透明性とコミュニティ主導の成長を確保しながら、Ethereumの開発と普及を支援することでした。

画期的な動きとして、Ethereumは2014年7月に開始されたパブリッククラウドセールを通じて資金調達を求めました。参加者はBitcoinと引き換えにEthereumのネイティブ仮想通貨であるEther (ETH)を購入することができました。このクラウドファンディングキャンペーンは前例のない成功を収め、3万Bitcoin(当時の価値で約1,800万ドル)を超える資金を集め、Ethereumの開発に弾みをつけ、当初から分散型であることを保証しました。

Ethereumメインネットの立ち上げ

Ethereumのメインネットは、1年にわたる熱心な開発と厳格なテストを経て、2015年7月30日についにローンチされました。これはブロックチェーン技術の歴史において極めて重要な出来事であり、Ethereumは大規模にスマートコントラクト機能を導入した史上初のブロックチェーンとなりました。それ以来、この日はEthereumの公式な「誕生日」とみなされています。

Ethereumのメインネット立ち上げに課題がなかったわけではありません。初期のころ、このプラットフォームは技術的な脆弱性やセキュリティの問題に直面し、コミュニティや開発者の迅速かつ集団的な行動が必要とされました。2016年6月、Ethereumのブロックチェーン上に「The DAO」と呼ばれる革新的なプロジェクトが誕生しました。DAOは分散型ベンチャーキャピタルファンドを目指し、投資家がスマートコントラクトを通じて資金調達案に投票できるようにしました。しかし、DAOのコードに存在した重大な脆弱性が悪用され、約360万Ether(当時で約5000万ドル相当)が盗まれました。このハッキングは、Ethereumネットワーク上のスマートコントラクトのセキュリティと信頼性に疑問を投げかけ、深刻な反響を呼びました。これに対し、Ethereumコミュニティと開発者は、盗まれたEtherの運命を決めるために集まりました。論争の的となったハードフォークが提案され、Ethereumのフォークされていないバージョンを継続する別のブロックチェーンであるEthereumクラシックの作成に繋がりました。

このような様々な障害にもかかわらず、専念と不屈の努力によって、Ethereumは繁栄し続け、主要なブロックチェーンとしての地位を維持し、回復力と改善へのコミットメント、そして強固なコミュニティによって運営される分散型システムの力を示しています。

Ethereumが分散型エコシステムに与える影響

Ethereumの登場から数年間、分散型エコシステムへの影響は革命的でした。世界中の開発者がDappsやスマートコントラクトを構築するためにこのプラットフォームに集まり、金融、ゲーム、アート、ガバナンスにおける新たなフロンティアの基礎を築きました。

Compound、Aave、Uniswap、MakerDAOといったプロジェクトは、資産の貸し借り、自動マーケットメイク、ステーブルコインの発行を容易にし、DeFiの重要な柱となっています。DeFiムーブメントは全体として飛躍的な成長を遂げ、数十億ドルがさまざまなプロトコルにロックされ、人々の金融サービスとの関わり方に革命をもたらし、金融商品へのアクセスを一般化しています

Ethereumブロックチェーンはまた、イノベーションの温床となり、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)による無数のトークンセールを開催し、複数の業界にまたがる様々な分散型アプリケーションの作成を可能にしました。ICOはその後、規制上の問題や詐欺的なプロジェクトに直面することになりましたが、より規制され、コンプライアンスに準拠したトークンセール、STO(セキュリティー・トークン・オファリング)、そしてブロックチェーンベースのメカニズムによるその他の資金調達の基礎を築きました。

さらにEthereumは、分散型ガバナンスモデルと分散型自律組織(DAO)の実験の最前線にいます。DAOはコードによって統治され、ブロックチェーンネットワーク上で実行される組織であり、メンバーは中枢機関を必要とせずに集団的な意思決定を行うことができます。DAOは、分散型プロトコルの管理からコミュニティイニシアティブの資金調達まで、さまざまな目的で活用できます。

最後になりましたが、EthereumのERC-721標準は、非代替性トークン(NFT)の概念を世界に導入しました。NFT市場は近年爆発的に拡大しており、アーティスト、ミュージシャン、ゲーマー、クリエイターがEthereumブロックチェーン上で直接デジタル作品を収益化できるようになっています。OpenSeaやRaribleのような注目すべきNFTプラットフォームは、NFTの売買や取引を容易にし、クリエイターやコレクターに新たな機会をもたらしています。

Ethereum2.0と伝説の再生

Ethereumの継続的な改善へのコミットメントは、定期的なネットワークのアップグレードを通じて例示されています。ハードフォークとも呼ばれるこれらのアップグレードは、新機能の導入、セキュリティの向上、スケーラビリティの課題への対処など、慎重に計画・調整されたイベントです。

Ethereumの歩みの中で最も重要なアップグレードの1つは、Ethereum2.0を通じて、エネルギー集約型のProof-of-Work(PoW)コンセンサスメカニズムから、より環境に優しいProof-of-Stake(PoS)コンセンサスメカニズムへの移行でした。PoSは、エネルギーを大量に消費するマイニングに頼るのではなく、一定量のEtherを担保としてロックし、新しいブロックを提案・検証するバリデーターに依存しています。

このPoSへの移行は、2022年末のMergeで始まり、コンセンサスメカニズムをPoWからPoSに変更しました。その後、2023年4月に上海アップグレードが行われ、バリデータがステークされたETHを出金できるようになりました。

これらの待望の革新的なアップグレードはEthereumの新時代を告げるものであり、ブロックチェーン技術の世界における伝説としての地位を確固たるものとします。EthereumのPoWからPoSへの移行は、ブロックチェーンのエネルギー消費、スケーラビリティ、およびトケノミクスに根本的な変化をもたらしました。PoSにより、ネットワークはより環境に優しくなり、エネルギー消費が99.99%削減され、より持続可能で規制に準拠したものになりました。

スケーラビリティの面では、EthereumのPoW設計には限界があり、ネットワークの混雑や高いガス代の原因となっていました。PoSへの移行は、取引速度とコスト効率を向上させるシャーディングのような将来のアップグレードの基礎を築きました。

トークノミクスに関しては、PoSの統合によりETHの発行が減少し、統合前と比較して88.7%のインフレ率の低下をもたらしました。バーン機能はETHの供給にも影響を与え、特定の条件下では純発行率がマイナスになる可能性があり、ETH保有者はデフレ資産の見通しに興奮しました。

Mergeが中心となり、Ethereumの伝説は生まれ変わり、ブロックチェーンプラットフォームは分散型革命の原動力としての地位を再確認しました。今回のアップグレードは、Ethereumの適応能力と進化能力を示すものであり、ブロックチェーン分野におけるパイオニアとしての地位を確固たるものにするものです。また、開発者、検証者、ユーザーが一体となってイノベーションを推進し、プラットフォームを新たな高みへと押し上げることで、Ethereumコミュニティの強さを実証しています。

Mergeの後にはSurgeが訪れ、2023年秋のCancunアップグレードから始まり、Ethereumのスケーラビリティを大幅に向上させることが約束されています。他の長期アップグレードの将来計画は、ヴィタリック氏のツイッターで公開されています。

Ethereumの未来:ブロックチェーンは次に何が起こるのか?

Ethereumが8周年を迎え、ブロックチェーンプラットフォームは期待と可能性に満ちた新時代の頂点に立っています。8年にわたる絶え間ない成長により、Ethereumは分散型テクノロジーの世界における伝説的存在としての地位を確固たるものとし、未来にはこの画期的なブロックチェーンにさらなる畏敬の念を抱かせる可能性が秘められています。

Ethereumの歩みは、グローバルなコラボレーションの力を証明するものです。多様な背景を持つ開発者、研究者、起業家、愛好家がEthereumの旗の下に団結し、分散型の未来という共通のビジョンを共有してきました。このコラボレーションとオープンソース開発の精神は、Ethereumの成長の原動力であり、今後もその伝説的な道のりを後押しし続けるでしょう。Ethereumの未来は、無限のイノベーションのひとつであり、ブロックチェーンの影響はデジタル領域を超えて広がり、今後何世代にもわたって、より包括的で透明性の高い、分散化された世界を形成していきます。

Bitgetでは、Ethereumの絶え間ない成長の伝説的な8年間を、数々の特別なイベントで祝います。これらのイベントは、この変革の旅に貢献した先駆者、先見者、支援者を称えることを目的としています。Bitgetと一緒にこの記念すべき日を祝い、Ethereumの伝説の一部となりましょう!

8年間にわたる絶え間ない成長:Ethereumの旅 image 0

免責事項:この記事で述べられている意見は、情報提供のみを目的としています。本記事は、取り上げた商品やサービスを推奨するものではなく、また投資、金融、取引のアドバイスをするものではありません。投資に関する意思決定は、事前に専門家に相談することをお勧めします。