Bitget App
スマートな取引を実現
暗号資産を購入市場取引先物コピートレード自動売買Bitget Earn
市場の最新情報
債務上限の撤廃がもたらす影響

債務上限の撤廃がもたらす影響

新規ユーザー
2023-07-28 | 5m

要約

• 債務上限停止は、資本市場に大きな影響を及ぼさない

流動性の低下と規制当局の仮想通貨に対する反感的な態度が重なり、米国は技術的にも政治的にも遅れをとる可能性が高い

• 香港とユーロ圏が、規制面で世界的な仮想通貨の中心地を目指す競争でリードしている

通貨政策:量的緩和と量的引き締め

以下の議論は、量的緩和(QE)と量的引き締め(QT)という通貨政策の基礎に基づいていますので、まず最初にこれらの用語についてご理解いただく必要がございます。中央銀行は、インフレ率を健全な2%の水準に保つ責任があります。インフレが進むスピードが遅くなるたびに、QEかQTを採用して経済の通貨供給量をコントロールし、それによって消費活動を刺激します。

世界の金融市場の一部として新しく認められた仮想通貨は、金利に関する決定に反応します。貨幣供給量の変化に応じて、投資家の感情は変化します。キャッシュリザーブへのアクセスが制限されると見れば、潜在的な損失を最小限に抑えるために、ポートフォリオのリスキーな投資を減らす可能性があり、またはその逆もありえます。最初のシナリオはQTと呼ばれ、中央銀行が利上げを行い、市場から流動性を引き出した際に発生します。

QTの反対はQEであり、大不況後の米連邦準備制度(FED)の試みが最も広く知られています。FEDは消費を刺激するため、2008年5月から2018年9月まで連邦準備制度委員会の政策金利を2%以下に保ちました。また、ユーロ圏では、欧州中央銀行(ECB)の前総裁マリオ・ドラギが2016年に地域のデフレに対応して0%の金利政策を開始しました。

FEDのバランスシートと流動性

Google Trendsによると、2023年5月下旬の「債務上限(debt ceiling)」と「債務制限(debt limit)」の検索数は1日平均で58回であり、メディアで取り上げられた度合いと比較してそれほど多くはありません。

アメリカが債務不履行に陥る可能性があるという考えは危険なほど魅力的に映るかもしれませんが、そのような出来事の結果は非常に恐ろしく、広く伝播するため、その可能性は非常に低いと考えられています。下院議長と大統領が米債務上限に関し合意したことで、FUD(恐れ、不確実性、疑念)はついに払拭されました。短期国債の利回りは相当に低下しており(下のグラフを参照)、債券への投資家の信頼が回復していることを意味しています。

債務上限の撤廃がもたらす影響 image 0

株式市場は「正式な」合意達成を歓迎し、SP500指数は5月31日の4,179.83から2.48%上昇(2023年6月6日の市場終了時)し、NASDAQ総合指数は13,276.42まで上昇(+ 2.64% )、一方ビットコインは同じ期間にその価値の 0.6% が失われました。

米債務上限の引き上げは、ほんの始まりに過ぎない

アルマゲドンを目の当たりにすることはなかったことは幸運ですが、資本市場への長期的な影響について議論する必要があります。1960年以来、アメリカの債務上限は78回も「恒久的に引き上げられ、一時的に延長され、再構築されてきました」。これは、アメリカ政府の借入能力が懸念すべき上昇トレンドにあることを意味しています。2023年5月末時点で、米連邦準備制度(FED)の総資産価値は8,385,854百万ドルであり、ほぼCOVID前の値(2020年3月)の倍です。

国債上限の解消により、FEDはおそらくバランスシートを縮小し続け、QTは続行されるでしょう。市場参加者のうち三分の一は、2023年6月にFEDがもう0.25ポイント利上げすると予測しており、これにより市場の流動性がさらに低下します。メディアの報道や専門家の話に加えて、FEDの「物価の安定と最大雇用」という二重目標に焦点を当てる必要があります。

債務上限の撤廃がもたらす影響 image 1

以下は、2022年4月の新しいQTフェーズの開始以来のアメリカの消費と労働市場の要点です。2022年6月以来、インフレ率は一貫して下落しています。しかし、「より正確な」インフレ率であるコアCPI(エネルギーと食品を除いたCPI)は大きな変化を示していません。引き続き楽観的な雇用状況と、もう1つまたは数回の利上げの見通しは合理的に正当化されています。

仮想通貨はアメリカでは証券と見なされている

信用収縮はが仮想通貨市場にとってそれほど壊滅的なものではないかもしれませんが、アメリカ当局の仮想通貨に対する反感的な態度は業界にとって大きなリスクです。まず、仮想通貨と最も取引される法定通貨は米ドルであり、USDでペッグされたステーブルコインの時価総額は巨大です。オン/オフランプの困難は、確実に仮想通貨の普及に影響を与えるでしょう。また、アメリカに集中している仮想通貨スタートアップエコシステムにとっても大きな打撃となります。具体的には、Coinbaseが現在の規制闘争に屈服する場合、その結果は非常に悪い前例となるでしょう。

2023年6月5日、米国証券取引委員会(SEC)は、 Binance、Binance.US、およびBinanceのCEOであるChangpeng Zhaoに対して訴訟を起こしました。もちろん、このニュースは仮想通貨にとってマイナス要素ですが、Binance.USの規模はBinanceよりもはるかに小さく、Mt.Goxのハッキング事件の後と同様に、Binanceなしでも仮想通貨は生き残ることができます。さらに重要な点は、SECが少なくとも10のトークンを証券と見なしていることです(SOL、ADA、MATIC、FIL、ATOM、SAND、MANA、ALGO、AXS、COTI)。また、Coinbaseのステーキングプログラムにおける「登録されていない証券の提供および販売」およびCoinbase Walletの「登録されていないブローカー業務」について、SECはCoinbaseを告発しています。Coinbase Walletは定義上、非証券化ウォレットです。Coinbaseが争わずにこの事件を和解することを選ぶ場合、それは将来の仮想通貨関連の事件にとって非常に悪しき前例となるでしょう。

仮想通貨にはまだ多くの余地がある

アメリカは仮想通貨に関連する問題に厳しいアプローチを取るかもしれませんが、より多くの国や地域が仮想通貨を重要視するようになっています。もはや未開の地ではなく、ユーザーの保護が向上し、デジタル空間全体が持続可能に実験や成長を行うための公式な支援が増えています。

アジア

仮想通貨の物語の仮想的な軸は、ブロックチェーン技術にあります。その開発は、 旅行, エンターテインメント, 学習, スポーツ, ソーシャル・メディア, そしてヘルスケアから ファイナンス、そして プライバシーなど、さまざまなセクターにとって有益です。そのため、多くの国や地域が、それぞれを新たなグローバルな仮想通貨の拠点として位置づけています。例えば、イギリス, 香港および シンガポールなどです。仮想通貨企業の新たな本拠地となるという熱い野望を実現するために最も熱心なのは香港で、香港は最近、リテールユーザーに仮想通貨取引へのアクセスを許可する前に、仮想資産サービスプロバイダー(VASP)のライセンス申請を開始しました。また、彼らはe-HKDのパイロット導入にリップルを選択しました。2022年末、アジア初の仮想通貨ETFが香港証券取引所に上場しました。2023年4月には香港財務長官府が香港のWeb3エコシステムの成長を支援するためにサイバーポートに5億香港ドルの補助金を提供することを発表しました。

一方、シンガポールの計画はリテールではなく、仮想通貨ビジネスや機関をターゲットにすることです。シンガポールの銀行最大手であるDBSは、2020年12月に機関向けの 仮想通貨取引プラットフォームであるDDExを導入しています。ここではBTC、ETH、XRP、BCH、DOT、ADAの6つの仮想通貨が取引されています。1年後、この銀行はThe Sandboxとのパートナーシップを結び、メタバースに参入しました。

現在、世界第2位の仮想通貨マイニング国であるロシアは、この利点を活かし、仮想通貨を輸出入取引に活用したいと考えています。もし法案が成立すれば、特にBitcoinを含むPoW(プルーフ・オブ・ワーク)仮想通貨の需要に影響を与え、それらの価格を上昇させる可能性があります。

ヨーロッパと英国

2023年4月20日、欧州議会は画期的な「仮想通貨市場に関する法案(MiCA)」を可決しました。この法案は2024年第3四半期に施行される予定です。MiCAの主な焦点は、仮想通貨サービスプロバイダー(CASPs)の管理にあります。CASPsには、トークンの発行者でなくても、仮想通貨や関連サービスを提供するすべての企業が含まれます。ステーブルコインに関するより厳しい規則は、テラ(LUNA)の崩壊などの業界の失敗を防ぐことを目的としていますが、批評家の多くは、これらの規則が非政府通貨の成長を抑制する可能性が高いと指摘しています。NFTや仮想通貨の貸付は、MiCAでは明示的に対象とされていません。

物理的にバックアップされたステーブルコインの第2の基準通貨はユーロです。2023年の最初の5カ月で、USDT(TetherUSD)の流通供給量は25.6%増加し、EURT(TetherEuro)は0.2%増加し、EUROC(CircleEuro)は93.6%増加しました。一方、USDC(CircleUSD)の供給量は34.9%減少しました。USDTとUSDCの市場時価総額の合計は1.2%増加しましたが、EURTとEUROCの市場時価総額は10.8%と、USDTとUSDCの市場時価総額の合計よりも大きな増加となりました。ユーロ建てのステーブルコインの取引量も上昇傾向を示しています。

債務上限の撤廃がもたらす影響 image 2

2023年2月、イギリスの財務省は仮想通貨の規制に関する提案を公表し、意見を募集しました。これは、フィンテックとイノベーションに重点を置いたエジンバラ改革に続き、英国を仮想通貨マップに載せるというリシ・スナク首相の仮想通貨フレンドリーな計画の一部です。

では、これらの地域のマクロ環境について少し考えてみましょう。以下のグラフは、欧州中央銀行(ECB)が2022年4月にQTを開始して以来、ユーロ圏と英国のインフレ率を示しています。EUのインフレ率(HICP)は2022年10月からすでに冷え込んでおり、2%まで長い道のりを歩んでいます。イングランド銀行(BOE)は2022年2月から利上げを続けており、その結果、インフレ曲線(CPIH)はEUと似ているものの、下方傾斜はそれほど大きくなっていません。BoEからの利上げ期間の長期化が予想されます。一方、ECBは 2つの四半期の経済的な衰退の後、QTプロセスを再計算する必要があるでしょう。

債務上限の撤廃がもたらす影響 image 3

いずれにせよ、EUと英国当局がより協調的な規制の枠組みを確立しようとする取り組みは、これらの地域における仮想通貨活動に新たな息吹を吹き込むことができます。

CBDCとトークン化された資産

中央銀行デジタル通貨(CBDC)は必然的なトレンドです。114カ国がCBDCの模索を行っており、中国が最も成功しています。2023年5月18日、リップルは新たなリップルCBDCプラットフォームのローンチを発表しました。このプラットフォームはCBDCを使用した即時決済と支払いのための「ソリューション」であり、もちろん、インフラプロバイダーも増えるでしょう。

CBDCの進展は、債券、証券、抵当などの規制対象のトークン化資産の世界への扉を開きます。DeFiの使命は、イノベーションを起こし(例:流動性ステーキングデリバティブ)、許可なし、信頼なしの取引によって従来の金融を破壊することですが、時間とともに、世界の投資家はCBDCのおかげで、多くの伝統的資産に簡単にアクセスできるようになるでしょう。

仮想通貨は潜在的なリスクを超えて成長する

ビットコインは「純粋にピア・ツー・ピアの電子現金」として生まれ、最後まで中立の立場を貫くでしょう(もしサトシ・ナカモトが再び現れない限り)。 過剰な投機やギャンブルのようなレバレッジ行為を超えて、ビットコインはまさに世界の不偏不党でリスクのない価値の貯蔵庫であり、無限の印刷もデフォルトのリスクも悪意のある操作もありません。これにスマートコントラクトの力を組み合わせて、どんな法定通貨への過度の依存に伴うシステムリスクを除去し、真に分散化された世界を作り上げるために、その可能性を最大限に活用すべきです。

同時に、Jim Cramer氏のアドバイスを受けて、逆にハイテクやAIに投資してもいいでしょう(インバース・クレイマーETFがあるのは周知の事実です)。何を選ぶにせよ、何もせずにチャンスを見逃すことだけは避けるべきでしょう。その気になれば、私の猫だって投資をできてしまうのです。

債務上限の撤廃がもたらす影響 image 4

出典:Jim Cramerのツイッター

免責事項:この記事で述べられている意見は、情報提供のみを目的としています。本記事は、取り上げた商品やサービスを推奨するものではなく、また投資、金融、取引のアドバイスをするものではありません。投資に関する意思決定は、事前に専門家に相談することをお勧めします。